科学と証拠―統計の哲学入門

個数:

科学と証拠―統計の哲学入門

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年03月08日 21時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 244p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815807122
  • NDC分類 417
  • Cコード C3010

内容説明

科学的方法の根幹を支える統計的推論の枠組みを丹念に検討し、科学において証拠の果たすべき役割を、哲学者と科学者の双方に向けて明瞭に示した希有な著作。

目次

1 ロイヤルの3つの問い
2 ベイズ主義の基本
3 尤度主義
4 頻度主義1―有意検定と確率論的モーダス・トレンス
5 頻度主義2―ネイマン‐ピアソンの仮説検定
6 テストケース―停止規則
7 頻度主義3―モデル選択理論
8 第2のテストケース―偶然の一致についての推論
9 結語

著者等紹介

ソーバー,エリオット[ソーバー,エリオット][Sober,Elliott]
1948年生。米ウィスコンシン大学教授。科学哲学者(特に生物学の哲学、統計の哲学の分野)として著名であり、アメリカ科学哲学会会長(2003‐05)、科学史・科学哲学国際連合(科学の論理、方法、哲学部門)会長(2012‐16)も務めた。多数の著書があり、邦訳のあるものとしてReconstructing the Past:Parsimony,Evolution,and the Inference(1988)(『過去を復元する:最節約原理、進化論、推論』、ラカトシュ賞受賞)がある

松王政浩[マツオウマサヒロ]
1964年大阪府に生まれる。1996年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。静岡大学情報学部助教授などを経て、北海道大学大学院理学研究院教授、京都大学博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。