科学アカデミーと「有用な科学」―フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ

個数:

科学アカデミーと「有用な科学」―フォントネルの夢からコンドルセのユートピアへ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年01月20日 22時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 384,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806613
  • NDC分類 402.35
  • Cコード C3040

内容説明

国家による最初の本格的な科学研究機関であるパリ王立科学アカデミーが、科学活動の文化的・社会的基盤を形成する一方、啓蒙のフィロゾーフの参入によって統治のための科学へと踏み込んでいく過程を、初めて本格的に解明。科学史・社会史・思想史を横断する力作。

目次

「アカデミーの時代」と科学の制度化
第1部 十八世紀前半までのパリ王立科学アカデミー(学者の社会的地位とアカデミー構想;「有用な科学」の追求と十八世紀前半における一定の達成;「科学の共和国」と外界に対する距離感)
第2部 啓蒙のフィロゾーフ達と問い直される科学の「有用性」(再定義される科学の「有用性」;政治改革と「科学の共和国」)
第3部 統治のための科学とコンドルセのユートピア(一七八〇年代における「エコノミー」研究主題群の展開;コンドルセの社会数学と科学アカデミーの改革;フランス革命と科学のユートピア ほか)

著者等紹介

隠岐さや香[オキサヤカ]
1975年東京都に生まれる。1998年東京大学教養学部教養学科卒業。2002年パリ社会科学高等研究院D.E.A.取得。2008年東京大学大学院博士号(学術)取得。現在、広島大学大学院総合科学研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第33回サントリー学芸賞受賞
第9回パピルス賞受賞