日本のエネルギー革命―資源小国の近現代

個数:

日本のエネルギー革命―資源小国の近現代

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 423p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806606
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C3033

出版社内容情報

第54回日経・経済図書文化賞受賞
第6回政治経済学・経済史学会賞受賞

内容説明

戦後日本の高度成長への道を拓いたエネルギー革命の歴史的意義を、戦前期から1960年に至る長期的視野で位置づけ直し、資源制約に対応した経済社会の形成過程を示す。戦後経済史・環境史の理解に新たな扉を開く画期的成果。

目次

エネルギー革命再考
第1編 エネルギー節約の取り組み―1920~55年(エネルギー節約政策の誕生;熱管理の時代;鉄鋼業におけるエネルギー節約技術の発展)
第2編 エネルギー革命の進展とエネルギー政策―1950年代(1950年代のエネルギー政策;電力業のエネルギー革命)
第3編 エネルギー需要増大への対応―1955~60年(石油産業の1950年代;タンカー大国へ;臨海開発とエネルギー革命)
エネルギー制約の「解決」

著者等紹介

小堀聡[コボリサトル]
1980年横須賀市に生まれる。2002年京都大学経済学部経済学科卒業。2007年大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。現在、名古屋大学大学院経済学研究科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

4
14-65 赤60 戦後日本の高度成長への道を拓いたエネルギー革命の歴史的意義を、戦前期から1960年に至る長期的視野で位置づけ直し、資源制約に対応した経済社会の形成過程を示す。戦後経済史・環境史の理解に新たな扉を開く2011/02/21

壱萬弐仟縁

2
評者よりもかなり若い有能な研究者による重厚なエネルギー論。やはり、原発のことがどこから書かれているかに耳目が集まるであろう。それは、1956年1月14日の第2次近代化計画という(202ページ)。この頃から原発へのエネルギー依存を徐々に始めることになるのだ。そして、3.11までどう運営してきたか。原発依存の序曲は、どうも1957年の火力だけでは電力需要増に対応できないという委員会の評価による(206ページ)。電気事業連合会が原発に期待感(209ページ)。誰のためのエネルギーかは著者の史的跡付けで説得力持つ。2012/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2117356
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。