クリティカル・モーメント―批評の根源と臨界の認識

個数:

クリティカル・モーメント―批評の根源と臨界の認識

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 02時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 430,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784815806309
  • NDC分類 930.4
  • Cコード C3098

内容説明

西欧近代からその伝統へと遡り、俗語文学と古典、政体と主体、キリスト教と異教のトポス、人文主義と国家、歴史と他者、の諸局面で、「臨界」の認識を跡づけることにより、「批評」の根源的な力を回復する。

目次

第1部 古典と臨界(俗語文学と古典;新歴史主義のニヒリズム;反「文化相対主義」の光)
第2部 政体と臨界(月のヴァレーリアあるいは『コリオレイナス』;政体と主体と肉体の共和原理あるいは『ジュリアス・シーザー』;イアーゴーの庭あるいは『オセロー』)
第3部 トポスと臨界(楽園の伝統と世俗化;噂・名声の女神の肉体性;チョーサーとイタリア)
第4部 人文主義と臨界(アルベルティーノ・ムッサートの『エチェリーノの悲劇』;トマス・モアの人文主義;エドマンド・スペンサーの『妖精女王』)
第5部 歴史と臨界(古代ギリシアの顕現;近代とその超越あるいはレーヴィット=シュトラウス往復書簡;カール・レーヴィットと日本)

著者等紹介

高田康成[タカダヤスナリ]
1950年東京に生まれる。1976年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。1994年東京大学大学院総合文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

メルセ・ひすい

1
13-69赤17 そのものずばり「批評」「臨界」歴史の中での「批評」とはナンゾヤ? シェイクスピアにみるローマ共和国の理念、トマス・モア王権と人文主義理念。★大上段に構えて何が悪い!歴史のありようを動物的に検証する。伊の小著『日本評論』、片腹痛いカール・レーヴィットの日本文化バッシングが、胸糞悪い・・相対主義の時代に精神を委ねてよいのか。西欧近代からその伝統へと遡り、俗語文学と古典、キリスト教と異教のトポス、人文主義と国家、歴史と他者の諸局面で、「臨界」の認識を跡づけることで、批評の再生をはかる2010/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/498509
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。