野蛮から秩序へ―インディアス問題とサラマンカ学派

個数:

野蛮から秩序へ―インディアス問題とサラマンカ学派

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 07時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 354,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815806125
  • NDC分類 311.236
  • Cコード C3031

内容説明

大航海時代を拓いたスペインにおいて、非ヨーロッパ地域の「野蛮」な人々とのあるべき関係をめぐり、新たな政治秩序を模索したサラマンカ学派。ラス・カサスにいたるその思想の展開を丹念に跡づけ、主権国家論に連なる近代の政治思想を問い直す。

目次

序章 「もう一つの国家論」の生成
第1章 近代政治秩序とインディアス問題
第2章 理性と賢慮―インディオの本性
第3章 政治権力の本質―インディアス支配の正当性
第4章 正戦の要件―インディアス征服戦争の是非
終章 「もう一つの国家論」の意義と課題

著者等紹介

松森奈津子[マツモリナツコ]
1973年東京都生まれ。2001年スペイン政府給費奨学生として、国立マドリード(コンプルテンセ)大学政治社会学部社会政治思想史学科博士課程修了。博士(政治学、2004年、国立マドリード大学)。2001年青山学院大学国際政治経済学部助手(~2004年)。2004年静岡県立大学国際関係学部講師(~現在)。この間、国立サラマンカ大学地理歴史学部招聘教員(2006年)、慶應義塾大学法学部特別招聘講師(2008年)、関西大学法学研究所研究員(2008年~現在)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

こずえ

0
コンキスタドールを経た人たちが自身を正当化したりする上でできた論理がどういうものかよくわかる。欧州やアジアに関して歴史的背景とそこから生まれた思想の関連性をよく学ぶがこの地域に関してはなかなかないので貴重。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/196441

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。