ファミリービジネス論―後発工業化の担い手

個数:

ファミリービジネス論―後発工業化の担い手

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年11月18日 06時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 372p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784815805531
  • NDC分類 335.58
  • Cコード C3034

内容説明

アジアやラテンアメリカの経験をふまえ、タイにおける豊富な事例に基づきながら、「進化するファミリービジネス」の論理を明らかにし、グローバル化時代における淘汰・生き残りの分岐点と、今後の行方を示した画期的論考。

目次

ファミリービジネス論の課題と論点
第1部 所有構造と経営体制(後発工業化論―工業化の「担い手」としてのファミリービジネス;創業・発展・事業の継承―220グループ・所有主家族の実証的研究;経営的臨界点―存続、発展、淘汰・生き残りの論理;経営者と経営体制―創業者一族、内部昇進者、外部リクルート者)
第2部 歴史的展開と通貨危機後の再編(ファミリービジネスの歴史的展開―事業基盤、時代環境、政府の政策;証券市場改革とコーポレート・ガバナンス―情報開示ベースの企業淘汰システム;金融制度改革と商業銀行の再編―金融コングロマリットの崩壊)
ポスト・ファミリービジネス論
付録 タイのファミリービジネス所有主家族の資料

著者等紹介

末廣昭[スエヒロアキラ]
1951年鳥取県生まれ。1974年東京大学経済学部卒業。1976年東京大学大学院経済学研究科修了。東京大学社会科学研究所教授(経済学博士)。著書に、『Capital Accumulation in Thailand 1855‐1985』(ユネスコ東アジア文化研究センター:大平正芳記念賞、日経経済図書文化賞受賞)、『キャッチアップ型工業化論―アジア経済の軌跡と展望』(名古屋大学出版会:アジア・太平洋賞大賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

第2回樫山純三賞(平成19年度)受賞