誰が科学技術について考えるのか - コンセンサス会議という実験

個数:

誰が科学技術について考えるのか - コンセンサス会議という実験

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月20日 23時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 406p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784815804756
  • NDC分類 504
  • Cコード C3040

出版社内容情報

専門家や行政は信用できない? 素人は何もわかっていない?――社会の中の科学技術のあり
方をめぐって専門家と市民が対話する「コンセンサス会議」。日本で初めて行われた新しいスタ
イルの試みを紹介し、その背景や科学技術をめぐる公共空間の行方について考える。

目次:
はじめに
第1章 「コンセンサス会議」という実験
第2章 専門家と素人の対話
第3章 社会の変化――一九七〇年以降の日本
第4章 農水省のコンセンサス会議
第5章 会議は踊ったか
第6章 参加の政治学――コンセンサス会議の意味