顕示的消費の経済学

個数:

顕示的消費の経済学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月20日 12時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 242,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784815803919
  • NDC分類 331.87
  • Cコード C3033

内容説明

奢侈、見栄、スタイルへの配慮などに示される消費の本質を、自己顕示、社会的承認の獲得、優越性へのあくなき欲望など「非合理的な」人間本性のなかに見出し、新古典派経済学による消費分析の限界を提示した好著。

目次

第1章 新しき消費社会
第2章 ジョン・レーの奢侈的消費論
第3章 一九世紀における経済学の潮流と奢侈的消費論
第4章 顕示的消費行動に対する新古典派的見解
第5章 ソースティン・ヴェブレンと金ピカ時代
第6章 変化への抵抗
第7章 需要の再考―外部効果と相対所得仮説
第8章 消費理論と豊かさの経済学
第9章 新しい消費理論に向けて
第10章 展望

著者等紹介

メイソン,ロジャー[Mason,Roger]
1940年生。マンチェスター大学卒業後、シェフィールド大学を経て、現在、サルフォード大学の消費論の教授として活躍中。消費論や経済思想史の分野で数多くの論文を執筆しているほか、主な著者としてConspicuous Consumption;A Study of Exceptional Consumer Behaviour(1981)やRobert Giffen and The Giffen Paradox(1989)などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

奢侈、見栄、スタイルへの配慮などに示される消費の本質を、自己顕示、社会
的承認の獲得、優越性へのあくなき欲望などの「非合理的な」人間本性のなかに見
出し、18世紀から現代にいたる顕示的消費論の丹念な跡付けを通じて、新古典派経
済学による消費分析の限界を提示した好著。
目次:
序/第1章 新しき消費社会/第2章 ジョン・レーの奢侈的消費論/第3章 一九
世紀における経済学の潮流と奢侈的消費論/第4章 顕示的消費行動に対する新古典
派的見解/第5章 ソースティン・ヴェブレンと金ピカ時代/第6章 変化への抵抗
/第7章 需要の再考/第8章 消費理論と豊かさの経済学/第9章 新しい消費理
論に向けて/第10章 展望