人間本性考

個数:

人間本性考

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月19日 15時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 330,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784815803377
  • NDC分類 114
  • Cコード C3010

出版社内容情報

「悪人たちによっても良き社会は形成しうる」――「観念の歴史」を提起した硯
学が、一七・八世紀の西洋で盛んに試みられた「人間本性論」を渉猟し、承認
願望、自己称讃、競争心、高慢さといった観念を軸に、近代思想の底に流れる、
人間の情念と社会の秩序形成の問題を精緻明晰に考察。
目次:
第一講 自己省察する動物/第二講 アメリカ合衆国憲法に見る人間本性論と平
衡の方法 第三講 自己意識と欲望/第四講 人間に固有な情念としての承認願
望/第五講 一七・八世紀の人間論に見られる「称讃への愛」/第六講 政治思
想と経済思想に見る人間の「高慢さ」と承認願望/第七講 人間の高慢さに対す
る告発/第八講 ヒュームとスミスの倫理学説



内容説明

承認願望、競争心、高慢さといった観念の歴史を辿り、近代思想の底に流れる、人間の情念と社会の秩序形成の問題を精緻明晰に考察した好著。

目次

第1講 自己省察する動物
第2講 アメリカ合衆国憲法に見る人間本性論と平衡の方法
第3講 自己意識と欲望
第4講 人間に固有な情念としての承認願望
第5講 一七・八世紀の人間論に見られる「称讃への愛」
第6講 政治思想と経済思想に見る人間の「高慢さ」と承認願望
第7講 人間の高慢さに対する告発
第8講 ヒュームとスミスの倫理学説