地域研究叢書<br> 商人が絆す市場―インドネシアの流通革命に交わる伝統的な農産物流通

個数:

地域研究叢書
商人が絆す市場―インドネシアの流通革命に交わる伝統的な農産物流通

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 17時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784814003969
  • NDC分類 611.4
  • Cコード C3333

出版社内容情報

流通革命をも飲み込む伝統的なパサール=市場の駆け引き。近代化の陰で静かに進行していた伝統的流通の発展が導きだす新たな流通論。

内容説明

インドネシアでもすすむ小売の近代化。しかし、現地ではいまなお流通の主役は伝統的流通、農家と商人の駆け引きにある。先進国のみせた歩みとは全く違う経路。近代化の陰で静かに進行していた伝統的流通の発展が通説を覆す。

目次

序章 パサールから卸売流通へ―問題設定と分析枠組み
第1章 産地流通取引の変容
第2章 伝統的流通における販売契約の適応性
第3章 契約栽培の導入地域における伝統的流通
第4章 卸売市場流通の市場統合
第5章 バザール的な中央卸売市場―流通機能とその展望
第6章 結論

著者等紹介

池田真也[イケダシンヤ]
茨城大学農学部助教。1984年生まれ。2008年、東京大学農学部卒業。2015年、東北大学大学院農学研究科博士後期課程修了。博士(農学)。九州大学を経て2018年より現職。専門・関心は農業経済学、開発経済学、東南アジア地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。