近代住友の事業多角化―担保史的分析からみるもう一つの源流

個数:

近代住友の事業多角化―担保史的分析からみるもう一つの源流

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月12日 21時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 322p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784814003860
  • NDC分類 335.58
  • Cコード C3034

出版社内容情報

明治から大正期の発展史を、後景に退きがちだった銀行業・倉庫業・不動産業という非製造業部門から見つめ直す画期的経営史。

内容説明

三大財閥たる住友の代名詞といえば、鉱山業と、派生した金属工業等の製造業部門。しかし他の富豪が時代の荒波に没するなかも発展をつづけた鍵は、銀行業・倉庫業・不動産業という非製造業部門への「事業多角化」にこそあった。新たなファミリービジネス論の先駆となる一書。

目次

序章
第1章 並合業への事業多角化過程
第2章 並合業の発展と銀行業への参入
第3章 担保を媒介とした倉庫業の発展
第4章 担保が住友の不動産業に及ぼした影響
第5章 無担保金融から「会計の機軸」へ
結語

著者等紹介

佐藤秀昭[サトウヒデアキ]
摂南大学経営学部講師。京都大学大学院経済学研究科博士課程修了、博士(経済学)。専門は経営史・経済史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。