地域研究叢書<br> 新興国のビジネスと政治―インドネシア バクリ・ファミリーの経済権力

個数:

地域研究叢書
新興国のビジネスと政治―インドネシア バクリ・ファミリーの経済権力

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2021年05月09日 14時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784814003358
  • NDC分類 332.24
  • Cコード C3333

出版社内容情報

一ビジネス・グループの所有と経営支配をめぐるポリティクスを悉に分析し,新興国における政治と経済の今日的関係の実情に肉薄する。

内容説明

強権政治の崩壊後、「経済発展における政治依存」という構図はどう変容したのか。インドネシアの一ファミリー・ビジネスの勃興を、ビジネス・グループの「経済権力」、すなわち所有と経営の支配をめぐるポリティクスという視点からつぶさに分析することで、レントシーキングやパトロン‐クライエント等、「ネガティブ」に捉えられながらもローカルに根付いた諸関係の今日的姿とその本質に肉薄する。新興国ビジネス研究に新しい視点と手法を示す、意欲作。

目次

バクリ・ビジネス論の意義
第1部 議論の設定―ビジネス・ファミリーと政治経済(「経済権力」のダイナミクス―理論的枠組みの検討;インドネシアにおけるファミリー・ビジネス)
第2部 バクリ・ファミリーのビジネス(バクリ・グループの政治経済史1―ベンテン政策の成功例;バクリ・グループの政治経済史2―「プリブミのスター」の政治コネクション;ファミリーによる経済権力の維持1―金融取引とビジネス・ネットワーク;プロフェッショナル経営陣による刷新―資金調達の国際化と石灰事業の重点化;ファミリーによる経済権力の維持2―2008年債務危機での「財務のための財務」とガバナンス)
第3部 バクリ・ファミリーの政治(ビジネス界での政治的影響力の拡大―KADINネットワークとビジネス支援;政界での政治的影響力の拡大と行使―「政党の企業化」と政策・市場への影響力行使)
終章 新興国におけるビジネス・ファミリーの高リスクな合理化

著者等紹介

小西鉄[コニシテツ]
福岡女子大学国際文理学部准教授。1980年生まれ。2015年、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科5年一貫制博士課程指導認定退学。京都大学東南アジア地域研究研究所連携研究員、大阪経済法科大学助教、同准教授を経て、2020年より現職。博士(地域研究)。専門・関心は、インドネシア経済、東南アジア地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。