プリミエ・コレクション<br> 浮島に生きる―アンデス先住民の移動と「近代」

個数:
  • ポイントキャンペーン

プリミエ・コレクション
浮島に生きる―アンデス先住民の移動と「近代」

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年09月21日 03時39分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 408p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784814002672
  • NDC分類 382.68
  • Cコード C3339

内容説明

浮動しながら、近代化から逃れ去る人びと―。ペルー・ティティカカ湖―水鏡を小舟で移動する先住民は、押し寄せる国家管理の圧力から浮島がつくる迷路のなかへ逃れ、したたかに逆利用する。その背中を追いつづけた著者が、浮動する生を描き出す。

目次

序章
第1章 ペルー・アンデス先住民と研究者の出会い方
第2章 移動する先住民の土地権利主張―ティティカカ国立保護区との相克をめぐるアポリア
第3章 独自圏域としての湖水域―水上交通の再編と移動する浮島
第4章 浮島の観光化と交易活動の再編―貨幣の流れに注目して
第5章 引きずり出された先住民―浮島における身分証明書の普及と徴兵制
第6章 海岸地域への跳躍―新世代のライフヒストリーを中心に
第7章 貨幣の奔流を生きる―観光をめぐる現在
第8章 境界への囲い込みに抗う移動実践とその合流―自然資源利用に注目して
終章

著者等紹介

村川淳[ムラカワアツシ]
1980年東京都生まれ。京都大学大学院農学研究科博士課程修了、博士(農学)。現在、京都大学、滋賀大学などで非常勤講師をつとめる。専門はラテンアメリカ地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ペルー・ティティカカ湖――浮島の迷路へと、近代化の波から逃れ去る先住民。その背中を見つめた著者が、浮動する生を描く。