近代社会思想コレクション<br> 合衆国滞在記

個数:

近代社会思想コレクション
合衆国滞在記

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 02時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 484p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784814001767
  • NDC分類 295.309
  • Cコード C1310

出版社内容情報

新興国アメリカの民主主義がかかえていた様々な問題,黒人への非道な扱いなど,その具体的な姿を生彩な筆致で描き出した旅行記。

凡例
訳者からのメッセージ
第一章 大西洋横断の船中で
第二章 ニューヨークに上陸、第一印象
第三章 シング・シングの刑務所へ
第五章 地方風景、刑務所、オナイダ湖散策
第六章 インディアンとの遭遇、『荒野の二週間』の冒険
第七章 五大湖紀行
第八章 英仏が対立する旧仏領カナダへ
第九章 建国の地で民主制を考える
 第一節 知的都市ボストン
 第二節 ハートフォードから再びニューヨークへ
 第三節 クエーカー教徒の都市フィラデルフィア
 第四節 ボルティモアにて
 第五節 再びフィラデルフィアにて
第一〇章 かつてない大寒波、南部への苦難の旅
 第一節 オハイオ河からミシシッピ河へ向かう
 第二節 新興州オハイオに関する考察
 第三節 ミシシッピ河を下る
第一一章 ニュー・オーリンズと最後の長旅、ワシントン見学
 第一節 旧フランス領のルイジアナ
 第二節 ワシントンをめざして
 第三節 ワシントンで連邦の未来を考える
解 説
索引(人名・地名・事項)

トクヴィル[トクヴィル]
著・文・その他

大津 真作[オオツ シンサク]
翻訳

内容説明

『アメリカにおける民主主義』に結実する思想家の出発点。フランス青年貴族が新興国アメリカを見聞し、民主制とともに、黒人やインディアンへの非道な扱い等、その具体的な姿を活写した旅行記。

目次

第1章 大西洋横断の船中で
第2章 ニューヨークに上陸、第一印象
第3章 シング・シングの刑務所へ
第4章 アメリカ社会の明暗
第5章 地方風景、刑務所、オナイダ湖散策
第6章 インディアンとの遭遇、『荒野の二週間』の冒険
第7章 五大湖紀行
第8章 英仏が対立する旧仏領カナダへ
第9章 建国の地で民主制を考える
第10章 かつてない大寒波、南部への苦難の旅
第11章 ニュー・オーリンズと最後の長旅、ワシントン見学

著者等紹介

大津真作[オオツシンサク]
甲南大学名誉教授。専門はヨーロッパ社会思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふら〜

0
19世紀のアメリカの雰囲気、法や宗教に対する考え方、北部と南部の考え方の違い、民主主義についてなど、色々考える切り口が提供されており素直に面白い。事前にアメリカの地理感覚をインプットしなおしておいて正解であった。2022/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13193672
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。