世界大学ランキングと知の序列化―大学評価と国際競争を問う

個数:

世界大学ランキングと知の序列化―大学評価と国際競争を問う

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月21日 13時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 377p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784814000012
  • NDC分類 377.2
  • Cコード C3037

内容説明

民間ビジネスである「世界大学ランキング」が、国家の高等教育政策の基準として採用され、世界中の知の生産現場で混乱を生んでいる。「東大がアジア1位から転落」という報道は、何を意味するのか?現代の大学に突きつけられた課題と挑戦について、現場をリードする専門家が会し、「世界大学ランキング」の実態と背景、大学評価の国際化、知の序列化を論じ、個別特性を活かした発展のために、新しい大学のあり方を提案する。大学人、教育関係者、学生、政策担当者、メディア関係者必読。

目次

第1部 大学ランキングの社会経済構造(誰のために、何のために?―大学ランキングと国家間競争;科学と民主主義の問題としての「大学ランキング」)
第2部 世界で評価されるとは―現場からの報告(高等教育のグローバル競争とキャッチアップ終焉意識;「周辺」からの抵抗―英語出版の試みに関する私的ノート;知のコミュニケーションの再構築へ―学術出版からランキングと大学評価を考える)
第3部 ランキングと世界の高等教育の再編成(大学の「ワールド・クラス」競争と世界的な階級(クラス)闘争
高等教育グローバル化に目覚めた中国―大学の国際化と海外拠点の活動を通して
台湾学術界におけるSSCI症候群
東アジアの高等教育の変容と世界大学ランキング―中国・香港・日本における研究評価の比較)
第4部 新しいメトリクスのために(比較可能なデータシステム構築のために―欧州における新たなランキング・研究評価の動向;学問分野による「卓越性」指標の多様性―多様な研究成果への報償の必要)

著者等紹介

石川真由美[イシカワマユミ]
大阪大学未来戦略機構教授。東京都立大学社会科学研究科社会人類学専攻博士課程退学。大阪大学博士(人間科学)。専攻は社会人類学。高等教育のグローバル化、知識構築とヘゲモニー、学生・研究者の国際移動、科学人材政策等を研究。在マレイシア大使館専門調査員、国連児童基金(UNICEF)ニューヨーク本部および駐日事務所勤務を経て、2003年大阪大学人間科学研究科講師。国際企画推進本部准教授・教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界大学ランキングの実態とそのもたらす混乱を冷静に分析し,新しい大学・研究評価のあり方を提案する。大学・メディア関係者必読。