SHY文庫<br> この雨の夜が明けたら

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

SHY文庫
この雨の夜が明けたら

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 295p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784813041337
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

不動産仲介会社に勤める大久保良文は恋人の松嶋周平と平和な日々をすごし始めていた。そんな折、松嶋の家に向かう途中で喧嘩を目撃してしまった大久保は、そのまま男に拉致されてしまう。男は大久保と松嶋の関係を知っているうえに、大久保がその日、仕事で訪れたいわく付きの物件とも関係しているようで…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

扉のこちら側

61
2016年685冊め。再読。読むのは3回目だがやっぱり理解できない話である。毎回感想が辛口になるが、タイトルがよいだけに残念。作者が描きたがったものはなんなのか、個々のエピソードの繋がりがなく書き散らした感で終わっている。2016/09/04

扉のこちら側

47
初読。2015年134冊め。主人公カップルの片割れが犯罪に巻き込まれて話の半分以上行方不明、その間なにやら過去がある脇キャラ達の捜索話とか残された片割れの切ない独白とかが延々と続き…壮大な物語を要約しましたといったところ?結局事件の背景もわからず、主人公達の過去のトラウマとか、展開になにも関係なかったし…なんだろうこの全く消化できない感。2015/02/11

きょん

26
ごめんなさい、今月のSHY文庫は2冊とも自分に合いませんでした。レーベル買いしてた出版社さんだけど、よく考えなきゃいけませんね。皆さん書かれてるように。これはBLではなく犯罪小説です。主人公二人のエピソードより犯人との絡みの方が熱を入れて描写されていて、残虐シーンしか印象に残りません。私は、さらっと地の文で説明されていた、付き合い始める前までを読みたいんです。性格破綻者の犯罪を読みたければ他出版社さんの本を買います。2014/10/28

扉のこちら側

16
再読。2015年468冊め。再読しても辛口、単なるエピソードの羅列。2015/04/18

りんご☆

10
読了2016/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8237721
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。