竹書房文庫<br> ウバールの悪魔〈下〉―シグマフォースシリーズ〈0〉

個数:
電子版価格 ¥733
  • 電書あり

竹書房文庫
ウバールの悪魔〈下〉―シグマフォースシリーズ〈0〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月22日 10時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 463p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812497357
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

カサンドラに拉致されたサフィアは、霊廟で発見された手がかりをもとにウバールの場所を突き止める。一方、カサンドラの襲撃を逃れたペインターたちも、ウバールを目指していた。砂漠でかつて繁栄を極めながら、神の怒りに触れて砂に埋もれたとされるウバールには、本当に反物質が存在するのか?不思議な力を持つ部族の力を借りながら、ペインターたちはギルドの攻撃に立ち向かう。だが、ペインターが相手にしなければならないのは、かつてのパートナーのカサンドラが率いるギルドの部隊だけではなかった。ウバールには超大型の砂嵐が迫っていたのである。砂嵐の影響で不安定になった反物質は、その膨大なエネルギーを放出し始めた。果たしてペインターはギルドの野望と反物質の暴走を阻止することができるのか?

著者等紹介

ロリンズ,ジェームズ[ロリンズ,ジェームズ] [Rollins,James]
1961年、イリノイ州生まれ。ミズーリ大学で獣医学の博士号を取得後、カリフォルニア州サクラメントで獣医を開業。1990年代後半から作家としての活動を始め、2005年の『マギの聖骨』から「シグマフォース・シリーズ」の執筆を開始

桑田健[クワタタケシ]
1965年生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

128
砂漠で敵と戦いながら不思議な力を秘めた考古学遺物を探す。古代のパワーは誰の手に渡るのでしょうか?最後までハラハラドキドキの展開で、不思議な力の秘密を科学的にも解き明かそうとする。(残念ながら科学解説はSFと呼べるレベルには届いていない)

みやこ

85
ハイスケールなエンターテイメントアクション。ロケットランチャーが火を噴き、銃撃戦が繰り広げられるという生きるか死ぬかの極限状態の中、誕生したカップルあり、失恋した人ありで、イロイロ盛りだくさん。反物質を理解していてもいなくても、最後まで一気に読ませてくれます。砂漠の砂が肌を掠めていく感触や不思議な水の満ちる洞窟。見たことのないはずの感覚と光景が、リアルに脳裏に浮かぶ表現力は素晴らしい。身を潜める敵を暴き出したところで組織はようやくスタート地点に。我らが司令官ペインター・クロウの誕生で閉幕。カッコイイ!→2017/02/27

トムトム

52
後半のハラハラドキドキのバトルシーン、ノンストップ!科学的なところとか少しツッコミどころもありましたが、まあまあ。フィクションだし♪娯楽小説として、面白いと思います!2020/01/31

まるる

50
あー面白かった!特殊能力とか、反物質とか、科学的な説明に関しては、専門的な人からしたらどうなの?って思ったけど、単純にエンタテイメントを楽しみたい私には些末な事。ハリウッドでお金かけて映画化してくれないかな~。とても面白かったので、シグマフォースシリーズを追いかけて行きたいと思います。2016/10/20

たち

43
ウバールの門が開いた辺りからがとても面白かったです。どんどん逃げ場がなくなって、追い詰められるところが本当に怖かった。それと最後のカサンドラとペインターの関係が切なかった。憎い、憎い、だけど、やっぱり好き…。こういう設定は大好物です!また、よろしくお願いいたします。2018/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7408701

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。