ラヴァーズ文庫<br> 鳳凰の片翼

個数:
電子版価格
¥649
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫
鳳凰の片翼

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月24日 21時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 206p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812494837
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「覚悟はありますか?私を受け入れれば、もう後戻りはできない。あなたは一生、私のものです」。建築家の遠藤翔太は、縁もゆかりもない、美貌の風水師に台湾で出会う。その助言で一国をも動かすと言われる高名な風水師・劉は、ある一件以来、遠藤のことが気に入ったようで、いつの間にか同じマンションに越して来て、遠藤の近くにいるようになった。しかし劉は、アジアの国々はおろか、世界中の裏組織がその身を囲いたがっている類稀なる存在で―。劉が唯一、気を許している遠藤は、裏組織の恰好の餌食となってしまい…!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

辺辺

24
積本崩し。ウェルネス第13巻。「鳳凰の天翔」の半年後の話。風水師・劉X建設家の遠藤のCP。毎度毎度同じシチュで流石に飽きが来てしまったようだ。受が攻を誘き寄せるための餌にされ、絶体絶命な処でヒーローな攻が助けにくるという王道中の王道パターン。エロシーン多過ぎ。(読み飛ばし)レオンが裏で活躍してるね。最後、遠藤が高柳に会い、ティエンも先生の香港帰還を待ってるという。遠藤によって人間らしさを取り戻した今の先生なら、堂々と恋人の遠藤を連れて帰ってもいいと思うよ。てか、早く帰って、ティエンへの想いを断ち切りな!2019/06/28

nono

21
BL。再読。シリーズ第12弾。風水師の劉と建築家の遠藤編の続き。頑なに香港へ帰ることを拒む劉を気遣う遠藤、それにしても会話よりエチの方が多そうなカップル^^このシリーズ、受が餌にされて攻が助けに来るパターン多し。今回は50人以上なぎ倒した劉、流石です^^小さな楽しみを共に過ごせる相手が見つかった二人、絆の強さを感じたお話でした。2018/02/06

那義乱丸

19
先生の話をほとんど忘れ去ってたけどだいたいの流れがわかるように書かれているし先生と遠藤の関係性については覚えていたので特に問題なく。このお話を読んでもやはり先生にとってティエンという存在は絶対であり唯一だったんだと感じた。ティエンに関すること以外は自分のことすらも無に等しいというか。感情の欠落もそこから来ているんだろうなと。それを変えたのが遠藤なんだとしみじみ。でもこの二人はまだまだこれからですね。ところで遠藤は高柳が先生の話にあったティエンの『彼』とは気づいてないよね?先生とティエンの再会が楽しみ♪2013/06/18

まふぃん

13
先生が報われてきたお話。人間らしく感情が少しずつ表れてきて良かった!2015/10/02

ミル婆

12
個人的には受け希望だった先生だが、長髪美人攻めも好物なので美味しくいただく。前巻もあったような気がする浮世離れした姫を連れ回す台北の休日。感情表現の乏しい先生がティエンと高柳に例えながら、自らの心情を解明する様子が微笑ましい。お約束の拉致監禁はおまけ程度。ティエンとの再会が楽しみ。2013/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6701127
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。