あの雲を追いかけて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 374p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784812492055
  • NDC分類 K933
  • Cコード C0097

内容説明

クラウド・ハンターは、空の生き物で、翼はないけど空魚みたいなものだ。船がクラウド・ハンターの翼で、帆が羽であり鱗である。空高く舞いあがり、自由に生まれついた人々なんだ。雲を狩る一族の少女とふつうの少年の、ひと夏の冒険―。

著者等紹介

シアラー,アレックス[シアラー,アレックス][Shearer,Alex]
イギリスの作家。1949年生まれ。テレビ、映画、舞台、ラジオ劇の脚本などを書いた後、小説家に。ヤングアダルト小説の第一人者として、日本でもファンが多い。イギリスのサマセット州に家族と在住

金原瑞人[カネハラミズヒト]
翻訳家。法政大学教授

秋川久美子[アキカワクミコ]
日本女子大学大学院文学研究科、博士課程満期退学。日本およびアメリカの大学で語学教育に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェルナーの日記

113
著者は多彩な人物でテーマごとに筆致を変えること出来る作家である。物語は環境汚染等により、地球に住めなくなった人類が新たな星に居住。星では中心に太陽があり、海がなく空中に島々が浮遊している。水が重要な資源で、雲から水を精製し、雲を回収するためクラウド・ハンター(雲を追うもの)がいる。主人公クリスチャンは、クラウド・ハンターの少女ジェーニーンに好意をよせ、彼女の空船に乗り込む。いわゆる自分探しの物語で、クリスチャンとジェニーンの交流によって、それぞれがアイデンティティー(帰属意識という意味とする)を認識する。2015/04/28

ひめか*

58
不思議な話かなwこんな世界自体この世に存在しないから。だって空で暮らしているんだもの!雲を狩って雲からできた水を売って生活するクラウド・ハンターとその人々に憧れる少年のお話。主人公の男の子はその一族の女の子と仲良くなり、一緒にクラウドハンティングへ行くことに。でもその先にはいろんなことが待ち構えていて…ワクワクする冒険ファンタジーだった。子供向けとは言え人生観や宗教問題、人種差別のようなものに触れているところが、やはりYA&シアラーらしいと感じた。少し恋愛もあって。主人公は今回の旅で大きく成長したと思う。2014/08/14

七色一味

40
読破。なんとも不思議な世界の、クラウド・ハンターと呼ばれる流浪人の家族と、普通の、ちょっとお坊ちゃまな男の子の交流と冒険の物語です。世界の姿といいクラウド・ハンターといい、とても魅力的。不思議な島々、空鯨、空に飛び込んで泳ぐ! 結末は、二度と会えないお別れだったけど、男の子は、冒険を通して少し、大人へと成長したね。2013/02/06

森の三時

33
児童向けに易しく書かれていますが、表紙の絵のように楽しそうな、雲を追いかける物語ではなくて、もっともっと考えさせられました。ファンタジーの中に、現実の世界の問題点が散りばめられています。少年が新しい世界に踏み出し、自分と異なる世界に住む者たちの容姿、価値観、宗教、戒律などを知る。たとえ、もとの自分の世界に戻ってきたとしても、恥じることはなくて、きっと、少年は大人の顔になっているのだろうと思います。2020/11/21

ムー

22
アレックスシアラーさんの本を一度読んでみたいと思っていました。今回初読みです。児童書ということで、表紙からも穏やかなファンタジーものかなと思いながら、この本を選んだのですが、なかなか穏やかでない表現や場面があって、予想外でした。でも全体としては、面白い設定で一気に読めました。2017/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5556426

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。