ラヴァーズ文庫greed<br> 棘の檻

電子版価格 ¥649
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫greed
棘の檻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 206p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812491164
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「今から来い。三人で、しよう」。フリーターの篠田白斗は、警察官である兄の利一に呼ばれ、利一の恋人で職場の部下・玖珂の部屋へ行く。そして、利一に命令されるまま、三人でベッドを共にしてしまう。白斗には利一に逆らえない理由があったのだ。初対面の玖珂は、なぜか怒りと蔑みをぶつけるように激しく白斗を蹂躙した。「墜としてやる。真っ黒になるまで汚れろ」。その日以降、玖珂は、利一のいない時に白斗を無理矢理抱くようになり…!?絡み合う黒い愛情に囚われた白斗の運命は!?―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タビサ

46
鬼畜攻め・玖珂×白斗。噂には聞いていたけど、最初から鬼畜でドエロ。 実の兄の企みで、恋人の玖珂に差し出された白斗。尊敬する兄に呼ばれて嬉しくて来てみたら、玖珂と利一に嬲られ玩具扱いで3P。酷いなと思いつつも先の展開がきになり一気読み。鬼畜で傲慢な顔の裏に見え隠れする素の玖珂に気付くと気になり惹かれる白斗。泥沼の三角関係かと思いきや、ドロドロ感が薄くて読みやすかった。兄弟の歪んだ関係も良い方に変化しそうで良かった。小山田あみさんのイラストが綺麗でした。2016/11/14

波多野

29
既刊をと電子で読んだが、面白くてビックリ。表紙から想像通りの大方は濃厚エロであることは間違いない(小山田さんのイラストが抜群)。ただ、ドロ沼3Pものと違うしっかり三角関係の恋愛モノ。優等生の皮を被ったクズ兄とそのセフレに無理矢理犯される実弟受なんだけど、この関係が意外な方向に向かう。マイナスの感情から恋愛関係に発展していく気持ちの変化が自然。三角関係だから1人は幸せになれないのだけど、きっと大丈夫だろうと思える良い関係に。面白かった。2016/04/29

那義乱丸

24
なんかのフェアで購入。3ぴやらお道具やらみっちりたっぷりHだらけの本。濃厚えろは欲してない私なのでそのページはザクザク飛ばし読みした結果、1冊ほとんどパラ見状態となりストーリー自体がよくわからないまま読了(読んだと言えないような気もする…www)。自分を凌◇辱してる相手に惚れちゃうとか兄弟の確執とかあったような気もするけど…ほんとのところはどうだったんだろう?(笑)2014/03/31

辺辺

19
多分本庄さん作品初読みかも。兄、弟挟んでの三角関係。兄弟間のコンプレックスによる圧倒的なエロシーンの数々。お腹いっぱいですけどねww。ろくでなしの攻めが変化していくのが面白いし、最後の最後までナルシスト(?WW)な兄に軍配があがしました。受けの弟さんにさほどインパクトありませんでした、リバでもガンガンいける兄に幸あり!と願わずにいられないな。続編があれば、是非とも包容力のある叔父様を当てて欲しいですね。(妄想モードwww)そして、小山田さんのイラストは綺麗ですね。2013/01/04

テンハル

15
【表紙買い】警察官・部下+警察官・上司・実兄×フリーター・実弟<あおり文>「心配するな。俺たち二人で可愛がってやるから」⇒小山田あみさんのイラストにつられて手にしました。腰帯をみて、ガッツリ受け・白斗が繋がれて調教されるのかと思ったら、攻め・玖珂の純愛と攻め(?)・兄の利一の嫉妬という意外としっかりと三角関係で面白かった。利一がもっと病んでいけばいいのにと思わないですが、白斗のいい兄さんで久我の上司で親友という立ち位置はそれでおいしい。利一が今後、幸せになるといいな。2013/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5549636

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。