竹書房文庫<br> 「超」怖い話 怪牢

電子版価格 ¥701
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

竹書房文庫
「超」怖い話 怪牢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812491119
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

内容説明

過去の怪奇体験がトラウマとなり、その時の恐怖から逃れられないでいる者。血と地の因果、祟りともいうべき影に付き纏われ続ける者。はたまた己の内から這いずる恨み、憎しみの念に縛られ、自らが異形と化してしまう者。彼らはすべて、怪という名の牢獄に心を囚われてしまった犠牲者だ。数々の戦慄譚を発掘してきた久田樹生が満を持しておくる最凶実話怪談23話。

目次

賭け事
井口さん
お迎え
厭なもの
有名ミュージシャンの死
黒孩子
想い
所為
可哀想
虫の声〔ほか〕

著者等紹介

久田樹生[ヒサダタツキ]
1972年九州生まれ。超‐1/2006年大会1位入賞、冬の「超」怖い話執筆メンバーに参入する。2007年『「超」怖い話怪歴』(竹書房文庫刊)で単著デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。