竹書房文庫<br> 「超」怖い話 怪牢

電子版価格 ¥701
  • 電書あり

竹書房文庫
「超」怖い話 怪牢

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812491119
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

内容説明

過去の怪奇体験がトラウマとなり、その時の恐怖から逃れられないでいる者。血と地の因果、祟りともいうべき影に付き纏われ続ける者。はたまた己の内から這いずる恨み、憎しみの念に縛られ、自らが異形と化してしまう者。彼らはすべて、怪という名の牢獄に心を囚われてしまった犠牲者だ。数々の戦慄譚を発掘してきた久田樹生が満を持しておくる最凶実話怪談23話。

目次

賭け事
井口さん
お迎え
厭なもの
有名ミュージシャンの死
黒孩子
想い
所為
可哀想
虫の声〔ほか〕

著者等紹介

久田樹生[ヒサダタツキ]
1972年九州生まれ。超‐1/2006年大会1位入賞、冬の「超」怖い話執筆メンバーに参入する。2007年『「超」怖い話怪歴』(竹書房文庫刊)で単著デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

25
実話怪談集。この著者も一作ごとに腕が上がっているような気がする。話の内容も後味の悪い話ばかりで、うん、これぞ怪談っていう感じ。個人的な感想だが、今回は建物に纏わる話にいいものが多かったように思う。箱の中身と出てくるものがなんとも気味の悪い「かすてぃら」や借家に棲んでいるモノに取り込まれていく「慈悲」、そして仏壇や数珠といったガジェットの使い方の巧みな上、悲惨なオチが実にいい「所為」等。ハズレも多いがこういう上手い話も多いので、実話怪談読むのはやめられないのだ。2012/11/18

ゆみきーにゃ

18
《購入》全体的に嫌~な雰囲気が漂ってるんだけど、この雰囲気が良くてついつい手にしちゃう実話怪談。慈悲・所為は嫌~な雰囲気満載。2013/11/17

ゆき

7
怖いというにはもう一つ。そこまでぶるりとはしなかったなー。2017/02/10

パブロ

7
いいね~、いいね~。な~んて、ちょっとこの言い方、AV監督みたいだけど、そんな感じにノリノリにさせてくれるから、ス・テ・キ。この間は実話怪談ルポをしたり、その前は怨念の家系を追い求めたりと、さまざまな手法を開拓していこうという意識の強い著者。それが空回りしていることが多かったけど、やっぱり挑戦していく過程で、腕を着々と上げていましたよ。今回は数人の体験者に重点を置いて話を聞いていて、それがまた濃いこと濃いこと。しかも、私好みの後味の悪い多くて、うれしい限りッス!2012/11/11

王天上

6
「派遣社員」がかなりツボに入った。「ほん呪」のエピソードみたいで怖い。黙って立っているところとかゾワゾワする。映像にしたら面白くなりそう。2015/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5444224

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。