竹書房文庫
実話怪談覚書 忌之刻

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812490549
  • NDC分類 147
  • Cコード C0176

内容説明

あたかもこの世はシャボン玉で、その薄い表面に世界を映しながら、もうひとつのあの世のシャボン玉とくっついてしまっているような怪異の世界を繊細な筆致で書き綴った、新しい実話怪談の誕生だ!我妻俊樹は何気ない日常や記憶の隅に佇んでいる不可思議な実話をまるで歪んだ鏡に映し出したように鮮やかに恐怖を切り取ってみせる。手品師が空っぽのシルクハットにハンカチを押し込み、杖で叩くと鳩が飛び出すが、この苦界の舞台に迷い出してくるのは、絶叫や嗚咽、脳みそを薄くスライスされたときに見えるかもしれない風景だ。平山夢明監修FKB第15弾!待望の我妻俊樹単著デビュー。

目次

みすずさん
みんな死ぬ
ひまわり
コンセント
ガム
お茶会
おどかし
あの店
トラック
へや〔ほか〕

著者等紹介

我妻俊樹[アガツマトシキ]
歌人。怪談作家。2005年、第三回ビーケーワン怪談大賞で大賞受賞。短歌や創作怪談というジャンルで日常と非日常のあわいにある恐怖を作品化する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。