竹書房文庫<br> ナチの亡霊〈下〉―シグマフォースシリーズ〈2〉

個数:
電子版価格 ¥733
  • 電書あり

竹書房文庫
ナチの亡霊〈下〉―シグマフォースシリーズ〈2〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月07日 03時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 391p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812490174
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

デンマークからドイツへと逃れ、ダーウィンの聖書、ルーン文字、ハインリッヒ・ヒムラーの謎を調査するグレイソン・ピアース。ヒマラヤの山中の謎の研究所で、裏切り者の正体を突き止めるために敵と手を結び、ダーウィンの進化論と量子論について意見を戦わせていくペインター・クロウとリサ・カミングズ。だが、本当の恐怖は、南アフリカ共和国シュルシュルウエ・ウンフォロージ動物保護区に存在していた。グレイ、ペインター、リサが南アフリカに集結した時、ナチの残党の研究はすでに最終段階に到達していた。彼らの狙いは何なのか?ペインターの身体を蝕む奇病の治療法はあるのか?ディー・グロッケ“釣鐘”の正体とは何なのか?残された時間はあとどのくらいあるのか?全世界にとっての本当の脅威が明らかになる一方で、グレイたちの前にはさらなる大きな疑問が立ちはだかっていた―。

著者等紹介

ロリンズ,ジェームズ[ロリンズ,ジェームズ][Rollins,James]
1961年、イリノイ州生まれ。ミズーリ大学で獣医学の博士号を取得後、カリフォルニア州サクラメントで獣医を開業。1990年代後半から作家としての活動を始める。歴史的事実に基づきながら、最新の研究成果及び科学技術を取り入れて構成した緻密なストーリーには定評があり、アクションシーンの描写でもアメリカで一、二を争う作家であるとの評価を得ている

桑田健[クワタケン]
翻訳家。1965年生まれ。東京外国語大学外国学部英米語学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

absinthe

120
チベットとナチの関係はこの手の小説では有名だ。ナチの発明品を隠し持っている集団は? その正体に近づいていく。とうとう敵の本拠地にたどり着いたシグマフォースを遺伝子改良の魔物が襲う。そして登場人物にまたもやツイストが。え?あの人が実は? 量子力学、遺伝子工学、古代文字、それらの謎が収束していくときクライマックスを迎える。 最後まで退屈させないJロリンズの力量は恐るべし。 次の作品まで半年待つのがつらい。

みやこ

79
展開される量子論に喰らいついていこうとするも、理解しきれずにおいてけぼり。ニュアンス理解でいいや!と開き直って行き着いたところがまさかの精神論。ちょっと待ったぁ!という突っ込みをぶった切るように突入したラブロマンス展開に、まぁ、いっか。うん。いいよね。と納得した次の瞬間のエピローグで……度肝抜かれました。いや、もう怒涛過ぎてまさにエンタメ。表紙がヒムラーで在る理由に唸りました。自分の使命を果たそうと懸命に奮闘する彼らの姿はとても尊い。再読してより深い知識が身につくシリーズだったんだと今さら痛感した次第。→2018/03/27

トムトム

53
何も考えずに読めば、ハラハラドキドキ!手に汗握る!ページを繰る手が止まらない!ちょっと考えると、進化・退化という概念がナンセンス。あくまでも変化・変異であって、そこに優劣はない。ナチスの人体実験に正義面して憤っているけれど、原爆も枯葉剤も民間人を巻き込んだ科学実験でしょう?人種に優劣はない、ドイツの優生学思想はおかしい!のではなく、「アメリカ人が優秀に決まってるじゃない」という思想がチラホラ。さすが、白人でキリスト教徒のアメリカ人が一番優秀とか平気で言っちゃう国だ!次作はユダ。読んでみよう!2020/02/11

KAZOO

52
様々な科学的な話が出てきて非常に知的好奇心を満足させてくれる話で自分的にはかなり好みの分野の小説です。インディ・ジョーンズの映画の脚本も書いたということで納得がいきました。最後で大サービスをしてくれるのですが、その神父もまたこの後で出てきたりするのでしょうかね?2014/09/11

キムチ27

46
ナチ・アーネンエルベ・ヒムラ-という歴史的存在(巻頭にも事実に基づいてあるとの断り)「釣鐘」に関わり世界3か所でほぼ同時進行で起きるハイパーな展開とシグマの不死身的なアクション。ひょんなことで読み始めた為、当作が初、人物説明を何回も見つつの読書だったが結構ついて行けたし楽しめた。量子論、シュレディンガ―の猫・・久しぶりに耳にし、脳の隅些か興奮。科学が神の手を離れると哲学に収斂していくのかと思いつつ、ナチの所業とその影響が今世紀になってもないとはいえない・・など変に感銘。2014/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5127271

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。