バンブーコミックス<br> カボチャの冒険

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり

バンブーコミックス
カボチャの冒険

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月28日 07時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 100p
  • 商品コード 9784812467213
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

88
『リトル・フォレスト』の映画・漫画と進んきて、この『カボチャの冒険』にたどり着いた。最近、犬・猫が登場する小説・エッセイを続けて読んできたが、主人公の猫、カボチャが東北の自然の中で暮らしているからなのか、漫画だからカボチャを画でみるからなのか、鳥やネズミを捕まえて食べてしまうなど、猫が持つ野生の一面を強く感じることができた。そして、街中で拾われたカボチャが、東北の田舎にやってきて、自然のなかで生きていくところが生き生きと描かれていて、作者のカボチャに対する愛情がよくわかるエッセイ漫画だった。2017/02/11

アナーキー靴下

87
著者の作品は初めてだが、表紙に惹かれて即購入。猫との田舎生活を描く、ほのぼのとした漫画。子供の頃は外出自由状態で猫を飼っていたので、完全室内飼いにしてから、こういう生活に強く憧れたりもした。猫が外でのびのび日向ぼっこしているのを見るのは本当に幸せだ。でももし実現させたらさせたで、毎日心配でたまらなくなると、読んでいて骨身に染みた。そして猫のカボチャが本当に生き生きと描かれていて可愛らしい。町田康氏の『猫にかまけて』でも思ったが、自分の愛猫との日々を残しておくのっていいなあと思う。私も絶対何か形にしよう!2021/09/19

Vakira

44
「かぼちゃ」は著者(多分作者本人:五十嵐大介さん)の飼っている三毛猫の名前。田舎で野良仕事の傍ら漫画を描く。その漫画の主人公が「かぼちゃ」。大介さんは猫だけではなく動物、昆虫の画が上手いです。画を見ているだけでも楽しいのに。やっぱ猫の仕草、表情が素敵。そして行動観察。高いところに登って降りれずにニャーニャー鳴くし、ネズミを捕まえるとわざわざ飼い主に見せに来るし(多分飼い主に褒めてもらいたいのだと思う)猫飼った人が知る猫あるある満載。猫飼いたくなること間違いなし。2021/09/26

kanon

22
絵が本当に良いなあ。絵の具とかで塗った感じで、めちゃくちゃ良い味が出てる。質感っていうのか、こういう動物系の漫画の中でも、今まで読んできたものとは少し違かった。それにしても五十嵐さんこういう作品も描けるんだなあ。エッセイ?おそらく実体験?こんなクオリティで描けるんだから。そっか、漫画家なる前は農業してたのね。何となく今、荒川弘さんが頭に浮かんだけれどそれとはまた違うもの。そしてカボチャがとても可愛いのだ.....あと五十嵐さんも(笑)調べたところ、「リトルフォレスト」なるものがあるらしいので読んでみたい。2013/03/05

Bo-he-mian

17
五十嵐大介さんが、岩手の農村で自給自足の生活を送っていた時に飼っていたネコとの日々を描いた、エッセイ・コミック。『リトル・フォレスト』が、その時の体験を五十嵐さんの分身とも云える女性主人公に託して描いた作品だとすると、本作は五十嵐さん本人が登場するノンフィクション性が高い作品。捨てられていた子猫を拾って「カボチャ」と名付け、自然あふれる農村生活の中でたくましく成長してゆく姿を、ほのぼのと愛情たっぷりに描く。人によっては「ムヅカシい」と言われる事も少なくない五十嵐作品の中で、肩の力を抜いて楽しめる作品。2020/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547960

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。