ラヴァーズ文庫<br> 砕け散る薔薇の宿命

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫
砕け散る薔薇の宿命

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月21日 13時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 223p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812448816
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

赤い瞳、年をとらない身体―。誰にも言えない秘密を抱えて生きてきた、調香師の香具山紲は、都会を避け、軽井沢の別荘地でひっそりと暮らしていた。しかしそこへ、過去に最悪の別れ方をした元恋人のルイが姿を見せ驚愕する。「次に私の前に現れれば殺す」。別れ際、酷い言葉を残したルイは、今も紲も憎んでいるはずだった。あれから百年近く経った今になってルイが現れたのは、裏切りにも似た過去の紲の決断を裁くためなのか、それとも…。人間よりも麗しく、獣よりも狂おしい、人ならざる者たちの気高い愛の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

那義乱丸

33
フェアで購入。吸血鬼×淫魔♪攻のルイが冷徹な俺様キャラなのにすごく一途で可愛い。千年一緒に生きたいという強い愛からこその執着だけどその方法を間違えて紲に逃げられてしまい65年も後悔しながらずっと見守り続けたとか健気でもあるwそんな二人を陰ながら応援する豹の悪魔・蒼真もイイ♪でも、紲が頑な過ぎてイライラ。ルイの提案を拒絶する本当の理由が最後に明かされるけどそんな切ないものがあるならもっと早くルイに伝えてやれよ!焦らしぷれいにも程があるっての!ゆるい3ぴも美味しかったが受が攻に尿道責めとはっ!さすが淫魔w2013/01/21

えみみ@ヒプマイ沼

30
いやはや、とんでもない萌え萌え設定で力いっぱい楽しませていただきましたよー!!(笑)淫魔に吸血鬼なんて、美味しすぎます♡犬飼のの先生にとうとうハマりました(*v.v)。吸血鬼のルイが傲慢チキチキータみたいな容貌にもかかわらず、実は健気で紲(せつ)に好かれようと影で色々と頑張っていたりするのに笑っちゃいました。こんな攻めもいいですねw蒼真(そうま)との3Pまがいもあったりして、あと、なにげにエロシーン盛り沢山で(//∇//)ラブァーズ文庫の名に恥じないいやらしさでした!面白すぎて、朝方まで一気読みしてもーた2014/08/27

22
やっとこのシリーズを読みました。もふもふが出てくると聞いていたので読みたかったの。悪魔という設定だけどこんな豹の悪魔ならばもふりたくなるわー!設定がちょこっと混乱するところもあるけれど、とにかく彼らの愛が本物だということはわかったわ。受けちゃんが頑なだった理由が最後にわかって納得。どちらも純愛よね〜。2014/06/22

サキヤマ アン

20
蜜毒から初めて読んで面白かったので、購入。今一つわからなかった世界観が、すーっと入ってきた。ファンタジーながらも、細かく設定されていて、理解しやすかった。こういう攻が受を激しく愛する、攻が受に好感を持つ友人に嫉妬するお話しは大好き。次の本も通販手配した。早く続きが読みたい。2014/06/03

こいけ

17
初犬飼さん。面白かったー!初めは淫魔に吸血鬼に豹?って感じで困惑気味だったけど、一気読みしてしまった。ルイが非道かと思いきやただただ一途で中盤から一気に好感度UP!ルイの想いが溢れて切なくなりました。蒼真も、どういった関係なんだ?って思ったけど、悪い奴ではなく良かった。寧ろ第3者として客観的に2人を見守り、仲を取り持ってくれている器の大きい悪魔でした。ルイには勝てないけど。ルイの勝気と翻弄ぶりが堪らず。特に後半の想いは涙もの。後半の紲の根性なしにイラついたが、過去が過去だけに強くも言えず。続きが読みたい!2014/11/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4711119
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。