ラヴァーズ文庫<br> 落園の鎖―狂犬と野獣

個数:

ラヴァーズ文庫
落園の鎖―狂犬と野獣

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月26日 17時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784812445433
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

警視庁公安部の美しい狂犬・靫真通と、指定暴力団の野獣・峯上周。峯上は、靫の身体をエサに情報を運ぶ、靫の「協力者」だ。靫は曲者の峯上を飼いならそうとするが、峯上は逆に靫を屈服させようとする。精神の深部まで喰らうような野獣の凌辱。靫にとっては、耐えられない脅威だ。しかし、テロ事件の解決とともに「協力者」との関係は終わった―はずだった。峯上と再会するまでは。「あなたは俺を必要としている」。新たな事件の下、再びふたりは接触を持つ。野獣の破壊的快楽に、狂犬は服従させられるのか!?―。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

76
逆立てた全身の毛に一切の感覚を集中して相手の動向を探ろうとしているのに。甘さのない二人の距離感がとても好き。潜入捜査の任務の中で峯上への想いに歯止めをかけようとする気持ちが逆に靫の精神を削っていく描写は本当にうまい。バターは与えても飴は与えない峯上。かけひきめいたこの辺りの件はムフフ、となります。「持ち前のもんでどうにかなるなら御の字か」という靫の潔い思考に「殺す」という言葉でストップをかけた峯上。彼の垣間見せる執着がたまらない。作中で取り上げられている問題は相変わらず深刻でハードな展開は好みど真ん中。→2018/01/10

タビサ

72
「狂犬と野獣」② タンデムの続編。自然環境保護団体を装った思想集団、洗脳、破壊、テロと今回もハードでした。その団体に潜入する靫と宮木、またしてもその団体に姿を現した峯上、どうなっちゃうの?と少しハラハラ。 前回の機械用オイルもビックリだったけれど、今回はポーションバターでバター犬(笑)濃いな~。ちょっと二人の関係がラブ寄りになってきたような。周って呼ばれて喜ぶ峯上がツボです。ほっぺにチュウするところも萌えました♪ 2016/03/07

辺辺

44
野獣X狂犬。前半は靫の事件に絡みながら周に対する感情に揺さぶられ、徐々に精神的に追い詰められるのが痛かった。後半では恋人となった安心感から狂犬らしく奮闘する姿がとても男らしくて好き。周の無口ぶりが相変わらずだが、セリフには重みがあるだけ、その心理を想像するのが楽しい。個人的甘ベタすぎない展開に萌え。沙野さんの萌えツボにも共感できる。続きが楽しみ(宮本がまとものまま光とより深い関係になればいいと思う←ヤンは靫の特権だww)2011/11/07

フキノトウ

43
真道の不安定さが、とっても心配です。櫟のリズムをなぞる指が。カルトへの潜入捜査でモサイ格好をする、真道もなんだか好きです。でも、一番キュンと来るのは、ホッペにチュでした^^周の意外な一面が見れてよかったです。宗教描写が、とっても怖かった。2014/02/12

そらねこ

30
もう、ページ開いた口絵が素敵過ぎる♡紙で買ったんだけど、これ子供に開かれたら(;'∀')どうしよう…狂犬と野獣のバター××…機械オイルからバター…体に優しい?小山田あみ先生…ありがとうございます♡二人の間も結構甘くなってきて嬉しいわぁ♡嫉妬に狂う峯上も助けに来た峯上もめっちゃ素敵だった♡前作同様音と光の洗脳宗教団体への潜入というストーリーも面白かった。2017/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2877575

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。