ラヴァーズ文庫<br> 凍る月―紅の契り

個数:
電子版価格 ¥628
  • 電書あり

ラヴァーズ文庫
凍る月―紅の契り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 23時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784812433126
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

幼なじみの亨が失踪して数カ月…。鳳光陽は、気がかりな思いを隠しきれずにいた。そんな風に亨を心配する光陽を、同居している梁井は面白く思っていない。梁井と光陽は、ある「契約」を結んでいた。その「契約」は、光陽が死なないために必要で、光陽が梁井に身体を与えることで成り立っている。感情が追いつかないまま身体を重ねることに、戸惑い、ただ翻弄される光陽に反して、梁井は執拗な独占欲を芽生えさせていた。しかし、失踪している亨もまた、光陽と「契約」するために動き出していて…。一人を巡りぶつかり合う『同種』達のワイルドラブ。

著者等紹介

夜光花[ヤコウハナ]
6月2日生まれ。埼玉県在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

71
運命を首肯し或は嫌悪し、それでも自らの人生を受け止めてまっすぐに生きる人たちがみんな魅力的。梁井の愚直な不器用さは愛おしいし、一癖ある黒澤は憎めないし、何より人間でありながら獣人と戦える執事、アレックスが特大級でカッコいい!なんなの、あのスペックの高さ!戦うことしか知らなかった獣人たちに対して共存を訴える光陽が与える影響は半端ない。えげつない組織の一部が明らかになり、これから彼らとどう係っていくのかが気になるところ。黒澤の自己肯定は見習いたい。自分で自分を認めてあげないと、息苦しくて仕方ないと思うから。→2018/02/13

えんび@灯れ松明の火(文さんに賛同)

27
【課題図書】 あまりにも危機感のない光陽にちょっと喝を入れたくなるわ、学習せんかい!!と梁井の心情を察すると同時に、やっと気持ちが通じ合えたラストに一息。しかし無駄に無垢でいい子なのも考えもんだ。亨や黒澤という脇のキャラ達の動向にも目が離せなくなってきて・・・一気にシリーズ読める今の嬉しさ♪2010/12/20

メイ&まー

23
【課題図書】ああもう!光陽ってばどこまで天然で周りの男たちを虜にしちゃうんだー!あと、自ら災厄の中に飛び込んで行っちゃう光陽に「ああ言わんこっちゃない!」と突っ込みを入れながら読みました。梁井が誤解して身を引こうとし、それに追いすがる形で梁井を選ぶ光陽が良かった!萌えました。そしてエロの濃度も高く、バリエーションも豊富だことvそしてまた続きが気になる終わり方><今年の読みおさめはこちらの1冊でした☆2010/12/31

さち

22
敵なのか味方なのか、黒澤の存在がぐっと人間関係に変化をもたらしてとても面白くなってきた。おまけに登場人物が増え組織の存在がちらほら。肝心の主役はというと、亨をなんとか助けたい一心の光陽と振り回されっぱなしで生傷たえない梁井って感じかなwでも最後に梁井が報われて嬉しい。気持ちが梁井にシンクロして光陽が気持ちを告げる一言一言にきゅんきゅんきた!うぅ、このタラシ!アレックスもかなり素敵だよねvそして仲間になることはない獣人が一時的とはいえ共闘できたことがすごくよかった。次もやっぱり梁井は振り回されるんだろうか。2010/12/14

そらねこ

19
梁井、手玉に取られ過ぎ~♡ お金持ちで強くて恋人に甘々なんて完璧な攻めです~(人´ω`*)♡ それにしても亨が可哀想だった…( ;∀;)まぁ、3人仲良くは無理だろうしねぇ~…それに黒澤…あれ?人間食ってた悪いやつじゃないのかい?いいんだ…人間食ってた奴と仲良くできるんだぁ・・・ってちょっとビックリした。 それにしても餌側の人間は不憫な気がする…食べられちゃっても再生するとか痛い…( ;∀;)2016/07/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567237

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。