ハンセン病家族の絆―隔離の壁に引き裂かれても

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハンセン病家族の絆―隔離の壁に引き裂かれても

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月30日 14時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 188p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784812217375
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0036

内容説明

らい予防法による強制隔離のため離散した一家の、断ちがたい愛と絆、そして確執。長いらい予防法の時代を経て、予防法廃止、ハンセン病国家賠償請求訴訟勝訴(熊本地裁判決)など、昭和・平成の波乱の時代を生き抜いた三人兄弟にインタビュー。彼らの人生に私たちは何を学ぶのか。

目次

社会復帰者として生き抜いた人生―「自分を信じて生きたこれまでの人生に悔いはない」(語り 藤崎康年さん)
らい予防法によって破壊された人生―「外来診療の途が開けていたら、別の人生があっただろう」(語り 藤崎幹夫さん)
全療(患)協運動と共に歩んだ半生―「この時代まで生き延びた者の背負うべき責務」(語り 藤崎陸安さん)
解説 ハンセン病療養所の医師として―移りゆく療養所の現状のもとで
資料

著者等紹介

福西征子[フクニシユキコ]
1945年福島県会津生まれ。1969年福島県立医科大学医学部卒業。1980年京都大学医学博士。京都大学小児科および皮膚病特別研究施設を経て、1978年から大島青松園、国立駿河療養所、多磨全生園などの国立ハンセン病療養所勤務。1992年国立療養所松丘保養園副園長、1994年同園長、2013年同名誉園長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

らい予防法によって離散の憂き目にあってもなお、心を通わせ支えあってきた家族。彼らの人生に私たちは何を学ぶのか。

福西征子[フクニシユキコ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件