建築フィールドワークの系譜―先駆的研究室の方法論を探る

個数:

建築フィールドワークの系譜―先駆的研究室の方法論を探る

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 136p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784812217313
  • NDC分類 520.7
  • Cコード C3052

出版社内容情報

現実の建築物は最良の教科書。そこに住む人々は最上の師。机上の訓練や座学をどれだけこなしても建築の腕前は上達しない。とはいえフィールドワークは名人芸に近い。この本を読めばどこの研究室のドアを叩けばよいかが分かる!現実の建築物は最良の教科書。そこに住む人々は最上の師。机上の訓練や座学をどれだけこなしても建築の腕前は上達しない。とはいえフィールドワークは名人芸に近いという。どうすれば習得できるのか? この本を読めば、どこの研究室のドアを叩けばよいかが分かる!

日本建築学会[ニホンケンチクガッカイ]
編集

内容説明

日本を代表する建築学研究室のスケッチや実測図が満載!現実の建築物は最良の教科書。そこに住む人々は最上の師。机上の訓練や座学をどれだけこなしても建築の腕前は上達しない。とはいえフィールドワークは名人芸に近いという。どうすれば習得できるのか?この本を読めば、どこの研究室のドアを叩けばよいかが分かる!

目次

序 方法論としてのフィールドワーク
1 居住空間の原理を探る
2 集落世界をあぶり出す
3 都市に生きる人々の暮らしを捉える
4 都市に堆積した時間を紐解く
5 居住文化から建築を読み解く

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アメヲトコ

4
2018年刊。原廣司をはじめフィールドワークを特色とする14の研究室の方法論を紹介した一冊。教え子による紹介文なので若干遠慮はある感じはしますが、しかし研究室の内側で実際にフィールドワークを経験した立場ならではの証言は興味深いです。当時の野帳などは圧倒的。2022/11/12

a6

1
p.22 (上空からの写真が撮りたくて検討)そのうち新聞で室岡克孝が世界凧写真コンクールで1位になったというニュースを知り、彼に協力を求めた。/▽それぞれの人が体得してきたフィールドワークの方法などを見取り図的に書いた本。22ページのエピソードは目的への真剣さと子どもの遊びのイメージのある凧の組み合わせ、新聞での出会いなど全てが良かった。2021/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13298288
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。