里山学のまなざし―「森のある大学」から

個数:
  • ポイントキャンペーン

里山学のまなざし―「森のある大学」から

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 426p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784812209165
  • NDC分類 654
  • Cコード C1040

内容説明

里山の研究と保全・再生実践を学問として推進する里山学が、具体的に何を見つめ、何を目指し、どのような可能性を見据えているのかを明らかにする。

目次

里山学のねらい―「文化としての自然」の探究
1 地域の里山文化(「畠田」の発見―大津市瀬田地区のため池調査から;里山の所有と管理の歴史的編成過程―官山払下嘆願の実相;祭りを支える若者の組織―大津市南大萱;ローカルな協働による里山の再創造;環境保全と入会訴訟―山口県上関町原発建設予定地入会訴訟を素材として;農山村の脱国内植民地化のために―里山の「危機」から見える社会)
2 里山の生物多様性と利用(蝶の眼からみた里山環境;「龍谷の森」のムヨウラン属―ラン科植物の菌根共生;瀬田丘陵の植生と里山の植物多様性;瀬田丘陵の動物たち―水場を作って何が変わったか;ダムと里山とイタチ;虫こぶに含まれるタンニンと文化;里山のバイオマス生産;里山を工学から眺めれば―里山雑木を使った機能性木炭材の開発の試み)
3 里山環境教育と大学(環境教育に果たす里山的自然の役割;里山を活用した新しい環境教育の取り組み―大学間里山交流ネットワークの構築と展開;「森のある大学」をつくる「物語」)

著者等紹介

丸山徳次[マルヤマトクジ]
龍谷大学文学部教授、里山ORC副センター長。哲学・倫理学

宮浦富保[ミヤウラトミヤス]
龍谷大学理工学部教授、里山ORCセンター長。森林生態学・林木育種学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。