DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?

個数:
  • ポイントキャンペーン

DNAでたどる日本人10万年の旅―多様なヒト・言語・文化はどこから来たのか?

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784812207536
  • NDC分類 469.91
  • Cコード C0045

内容説明

DNA多型分析・考古学・言語学の知見を統合して人類の歴史を再現。

目次

第1章 日本列島におけるDNA多様性の貴重さ(日本列島における多様なヒト集団の共存;出アフリカ三大グループが日本列島へ移動してきたルート;日本列島では維持できた高いDNA多様性)
第2章 多様な文明・文化の日本列島への流入(旧石器時代における北方系基層文化;新石器時代における技術革新―土器、漁撈、農耕;古代における長江文明と黄河文明の影響;多様な文化の流入とそのルーツ)
第3章 日本列島における言語の多様な姿(日本列島の諸言語;日本列島諸語の成立のモデル)
第4章 日本列島における多様な民族・文化の共存(アイヌ民族の貴重さ;琉球民族の特異な位置;九州・四国・本州における多様な文化の共存)
第5章 多様性喪失の圧力に対して(多様性喪失の要因;日本列島における多様性維持の意義)

著者等紹介

崎谷満[サキタニミツル]
CCC研究所所長。1954年生まれ。京都大学大学院博士課程修了、医学博士。専門は分子生物学、血液学(成人T細胞白血病ウイルス研究)であったが、長崎大学、京都大学での研究を経て、1997年にCCC研究所所長に就任してからは、分子生物学(DNA多型分析)を中心においたヒト集団や文化、言語の多様性の科学的解明という、理系・文系という枠を超えた幅広い学際研究に進んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふぃすか

13
DNAの面からも「日本人」のごった煮文化は明らからしい。話は文化・人種の多様性をいかにして保っていくかに発展しております。そんなこと言っても多数に囲まれて暮らす少数はかなり自覚的にやらないと多数に飲み込まれてしまうと思うわ。溶け込まないということは孤立を覚悟することでもあるし。理想は理想だけど。DNAは補足・補強・予測の道具であって、即結論には結びつかないわけですが、今までさんざ読んできたものの裏がとれた気分になりました。おもしろい。2008/03/17

みにみに

6
Y染色体DNAの解析をもとに日本人のルーツを多方面から解き明かしていて、非常に面白くて納得のいく考察だった。日本は多方面から集団が流入して、共存共生してきた社会だったことがわかる。縄文VS弥生の戦いがあって、弥生人が縄文人を征服した、というような歴史ではなく、少数の弥生人がもたらした文化を縄文人が受け入れていった、ということがDNAの解析結果から想像出来る。縄文人は朝鮮半島から長崎県のあたりに上陸?して、日本列島に広がっていった。時代が下って、渡来系弥生人は福岡県あたりに水稲稲作を伝えた。→2014/07/29

KUAD

5
面白かった。冒頭で現生人類、ホモ・サビエンス・サピエンスのY染色体が五グループに分けられて示される。A系統、B系統がアフリカ固有。その他の三系統、出アフリカ第一27,500年前C系統、第二38,300年前DE系統、第三53,000年前FR系統。ヨーロッパがR系統、南欧・北アフリカ・中近東がE系統、中国がO3系統、アイヌの人たちがチベットと同じくD系統でこれが珍しい系統。C1は日本のみの系統。N系統はシベリア北西部と北欧に多く日本もわずかにある。つまり出アフリカ三グループが邂逅し共存している珍しい場所。2011/02/26

カラコムル711

2
文系の小生には理解困難な用語が多すぎる。理系の人特有の一直線な結論の出し方に違和感がある。しかしここ数年、この分野の進歩は急速でそこから得られた仮説も無視できないことはいうまでもないが。著者は日本語の起源にまで臨む、はたしてこの分野から長年の難問に答えが出るものだろうか、少々逸りすぎの感あり。2016/04/06

Soichiro

2
Y染色体の分子生物学分析で多層的な日本人のルーツを述べる。前半が特に興味深かった。2014/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/29789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。