グローバル化と社会的排除―貧困と社会問題への新しいアプローチ

個数:

グローバル化と社会的排除―貧困と社会問題への新しいアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月22日 13時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784812205112
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C3033

内容説明

グローバル化、規制緩和、そして福祉国家の危機のもとで広がりつつある社会的排除を多角的に掘り下げる。社会的排除は、グルーバルな市場の圧力によって創りだされた今日の開発パターンに対して提起されるべき基本問題である。

目次

1 排除の定義
2 排除実態の分析と観測のための枠組みをめざして
3 失業、不安定な仕事、そして社会的排除
4 先進工業国における排除
5 移行経済諸国―東欧と中央アジア
9 発展途上国における排除
7 グローバル化と排除

著者等紹介

バラ,アジット・S.[バラ,アジットS.][Bhalla,Ajit S.]
1939年にインドで生まれたが、現在はスイスの国籍を取得し、スイスに在住している。ジュネーブで経済コンサルタントを営むかたわら、ケンブリッジ大学のシドニー・サセックス・カレッジにおいて上級研究員を務めている。専門の分野はインドと中国をはじめとする発展途上国の開発、貿易、貧困、労働問題である

ラペール,フレデリック[ラペール,フレデリック][Lapeyre,Fr´ed´eric]
1967年にフランスで生まれ、現在はベルギーのブリュッセルに在住しており、ベルギーのカトリック・ルーヴァン大学で開発経済学の教授を務めている。研究領域は、東欧諸国を中心とした開発経済政策、排除・貧困・不平等の諸問題、グローバル化がもたらす社会への影響などである

福原宏幸[フクハラヒロユキ]
1954年兵庫県生まれ。1988年大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。大阪市立大学大学院経済学研究科教授

中村健吾[ナカムラケンゴ]
1963年福岡県生まれ。1993年神戸大学大学院文化学研究科(博士課程)単位取得退学。大阪市立大学大学院経済学研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。