シリーズこころの健康を考える<br> 暴力被害と女性―理解・脱出・回復

個数:

シリーズこころの健康を考える
暴力被害と女性―理解・脱出・回復

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年01月19日 14時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 227p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784812201305
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C0011

内容説明

ドメスティック・バイオレンス、セクシュアル・ハラスメント、レイプに焦点をあて、「女性への暴力」の本質を捉える。

目次

第1章 女性への暴力とは何でしょうか?
第2章 女性への暴力の実態はここまでひどい
第3章 暴力被害から脱け出すには
第4章 暴力被害によるトラウマから回復するために
第5章 暴力のない社会をつくる

著者等紹介

村本邦子[ムラモトクニコ]
京都大学大学院教育学研究科修士課程修了。心理学・女性学博士(米国Union Institute大学院)。臨床心理士。1990年女性ライフサイクル(FLC)研究所設立。女性の視点で女性のサポートをと、5人のスタッフでカウンセリング、グループワーク、講座、通信物の発行などを行う。テーマは、妊娠・出産、子育ての支援にはじまり、女性の体と性の問題、子どもの虐待とくに子ども時代の性虐待、夫婦の問題など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。