シリーズ教室で行う特別支援教育<br> 教室でできる特別支援教育のアイデア 小学校編〈Part2〉

個数:

シリーズ教室で行う特別支援教育
教室でできる特別支援教育のアイデア 小学校編〈Part2〉

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2018年06月21日 14時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 185p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784810085181
  • NDC分類 378
  • Cコード C3337

目次

第1章 障害種別による支援のアイデア(LDへの支援;ADHDへの支援;高機能自閉症・アスペルガー障害への支援;ゆっくり学ぶタイプへの支援)
第2章 発達障害をもつ子への共通したアイデア(身体づくりと運動;ソーシャルスキルのトレーニング;視覚機能のトレーニング)
第3章 学校生活での配慮と支援(学級での配慮と支援;特別支援員が行う効果的なサポート;保護者との連携と対応)

著者等紹介

月森久江[ツキモリヒサエ]
東京都杉並区立中瀬中学校教諭、情緒障害通級指導学級「中瀬学級」担任、兼任で早稲田大学大学院非常勤講師を勤める。日本女子体育大学体育学部卒業。公立中学校(通常)で保健体育科の教師として教鞭をとる傍ら、教育相談(都研上級スクールカウンセラー研修修了)やLD(学習障害)についての研修や研究を重ねる。現在、日本LD学会認定の特別支援教育士スーパーバイザー、日本学校教育相談学会会員である。文部科学省「小・中学校におけるLD・ADHD・高機能自閉症への教育支援体制の整備のためのガイドライン(試案)」策定協力者として特別支援教育コーディネーター部門担当リーダーであり、小・中学校教員用担当も務める。東京都杉並区教育委員会表彰、第一回受賞者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。