データが語る<br> データが語る〈2〉子どもの実態―学習意欲・友だち関係・規範意識を徹底検証

個数:
  • ポイントキャンペーン

データが語る
データが語る〈2〉子どもの実態―学習意欲・友だち関係・規範意識を徹底検証

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年12月10日 11時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 117p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784810074895
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C3337

内容説明

数字で見えてくる、いま子どもたちに必要なこと。

目次

第1章 子どもの実態(現代社会の影響を受けて子どもたちはどう育っているか;基本的生活習慣―早寝・早起き・朝ご飯はできているか ほか)
第2章 子どもの内面(子どもの内面をどんな視点でとらえるか;友達関係―子どもたちの友達づきあいにひそむ問題は何か ほか)
第3章 学習×友人関係 意欲の4タイプでみる子どもたち(両立タイプ・友人関係偏りタイプ・学習偏りタイプ・意欲喪失タイプ;4タイプの出現率 ほか)
終章 人とのかかわりで成長する子どもたち(両立タイプの子どもは望ましい学級経営で育てる;学校では友達との体験学習を、家庭では意欲の下支えを)

著者等紹介

河村茂雄[カワムラシゲオ]
都留文科大学大学院教授。博士(心理学)。筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修了。公立学校教諭・教育相談員を経験し、東京農工大学講師、岩手大学助教授を経て、現職。日本教育カウンセリング協会評議員、日本カウンセリング学会常任理事。教育カウンセリング学会常任理事。論理療法、構成的グループエンカウンター、ソーシャルスキルトレーニング、教師のリーダーシップと学級経営について研究を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。