教育方法<br> アクティブ・ラーニングの教育方法学的検討

個数:

教育方法
アクティブ・ラーニングの教育方法学的検討

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 206p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784810066821
  • NDC分類 375
  • Cコード C3337

目次

第1部 教育改革のなかのアクティブ・ラーニング(教育方法学的立脚点からみたアクティブ・ラーニング;資質・能力の形成とアクティブ・ラーニング―資質・能力の「3・3・1モデル」の提案;「言語活動の充実」から「アクティブ・ラーニング」への流れをどうみるか;教育の情報化(ICT活用)とアクティブ・ラーニング)
第2部 アクティブ・ラーニングをめぐる理論的諸相(「アクティブ・ラーニング」のポリティックス分析―新たな学力政策の展開とカリキュラム改革;探究と協同を通じた一人一人の子どもの「深い理解」―教育心理学(学習論)からみたアクティブ・ラーニング
演劇的手法を用いた「深い」学習とはどういうものか―G.ボルトンの「理解のためのドラマ」論をもとに
教育評価論からみたアクティブ・ラーニング)
第3部 アクティブ・ラーニングの実践的展開(教師教育とアクティブ・ラーニング;授業改革とアクティブ・ラーニング(高等学校)
中学校におけるアクティブ・ラーニングの可能性と課題―問題解決学習の立場から
小学校国語科の単元的学習展開とアクティブラーニング)
第4部 教育方法学の研究動向(アクティブ・ラーニングをめぐる研究動向)

出版社内容情報



日本教育方法学会[ニホンキョウイクホウホウガッカイ]