シリーズ教室で行う特別支援教育
ここがポイント 学級担任の特別支援教育―個別支援と一斉指導を一体化する学級経営

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 173p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784810054552
  • NDC分類 378
  • Cコード C3337

内容説明

学級経営の専門家だからわかる教師がぶつかる壁。さまざまなニーズをもつ子どもたちを学級集団で育てるむずかしさとすばらしさ。

目次

第1章 学級担任のおかれている現状(むずかしくなっている学級経営;特別支援教育を学級経営にどう位置づけるか ほか)
第2章 特別支援教育をすすめる学級経営とは(事例から学ぶ、現状の問題点;学校、教師に求められる3つの条件)
第3章 マイ・ベストをめざす学級経営の工夫(特別支援教育をすすめる学級経営方針;学級で担任教師1人で対応できること ほか)
第4章 特別支援を可能にする校内体制づくり(校内体制の確立に向けて;校内体制づくりのコツ)
第5章 実践に取り組む先生たちの声

著者等紹介

河村茂雄[カワムラシゲオ]
都留文科大学大学院教授。博士(心理学)。筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修了。公立学校教諭・教育相談員を経験し、東京農工大学講師、岩手大学助教授を経て、現職。日本カウンセリング学会常任理事。日本教育心理学会理事。論理療法、構成的グループエンカウンター、ソーシャルスキルトレーニング、教師のリーダーシップと学級経営について研究を続ける。とくに、児童生徒の心理社会的発達支援の重要な領域を担う学級経営の中に、教師の高い専門性が求められ、その専門性の知識と絶え間ない研鑽に裏打ちされた力量の高さが、教育の専門家として、教師が自他共に認められる道だと信ずる。「教育実践に生かせる研究、研究成果に基づく知見の発信」がモットー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。