父とハヤトと…―今も私を支えてくれる何より大切な思い出

個数:
電子版価格 ¥838
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

父とハヤトと…―今も私を支えてくれる何より大切な思い出

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 177p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784809675034
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

激烈な犬アレルギーを発症してもハヤトと離れられなかったあの頃。ショートケーキを見るたびによみがえる父の思い出。多感な十四歳から現在までを振り返ったエッセイと、口語短歌、ハヤトが主役の短編小説ほかで構成。前作『ハヤトの思い出』に続く、待望の第二弾。

目次

宮崎へ
看護婦だけは嫁にするな
気がつけば二十年
犬アレルギー
父の思い出
口語短歌「最後の手紙」
緑の十字架
昭島の原っぱで
天変地異

著者等紹介

綾部麻[アヤベアサ]
1945年東京に生まれる。1960年膠原病を発病。1968年看護師助産師として働き始める。1985年膠原病悪化のため退職。その後、文芸活動をしながらの療養生活を始め、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。