センターバック専門講座

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784809410628
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

現役選手をワンランク上に、ファンの目は一流に鍛える。高さ・強さ・速さが備わるCB専門書。

目次

第1章 ヘディング(ヘディングの重要性;正しいフォームを身につける ほか)
第2章 CBの守備・攻撃(ポジショニングのセオリー;FWに挨拶する(自分の存在を知らしめる) ほか)
第3章 組織的守備(チーム戦術の重要性;最終ラインのつくり方;マンツーマンとゾーン;ラインコントロールの考え方;さまざまな守備戦術)
第4章 メンタル(「やっと俺の時間がきた!」;勝者のメンタリティ;J下部組織より高校サッカー部?;メンタルトレーニング)

著者等紹介

秋田豊[アキタユタカ]
1970年8月6日、愛知県出身。愛知高校、愛知学院大学を経て、1993年に鹿島アントラーズに加入。Jリーグ年間王者4回を含む数々のタイトルを獲得する。2004年から名古屋グランパスエイト、2007年より京都サンガF.C.で活躍後に引退。日本代表としても1998年フランスワールドカップ、2002年日韓ワールドカップの日本代表メンバーに名を連ね、国際Aマッチ通算44試合出場4得点。引退後、2008年より京都サンガF.C.のトップチームコーチに就き、S級ライセンス取得後、2010年京都サンガF.C.監督に就任

田中滋[タナカシゲル]
1975年5月14日、東京生まれ。上智大学文学部哲学科を卒業後、一般企業に就職するも4年目に退社。フリーランスとしてサッカーの取材を始める。現在、『J’sGOAL』、『EL GOLAZO』で鹿島アントラーズ担当記者として取材活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふっかー復活委員長

4
【感想追記】サッカーと卓球を組み合わせた競技「ヘディス」に参加したり、投資セミナーを開いたりもしている元代表CBの「教科書」。無理な体勢でもどれだけヘディングで遠くに飛ばせるか、それはチームの命運に直結する。▼プロの選手が、フリーのヘッドで目をつむったらカッコ悪い。冗談ではなく、ヘディングコーチという選択肢は必要かもしれない。2014/09/12

湘南☆浪漫【Rain Maker】

1
ヘッドギアに20キロの重りをつけて首を鍛えていたらしい…。 プロレスラーにでもなるつもりですか?(爆)2020/01/11

neige

1
最初から全体の三分の一を使ってのヘディング講義。ヘディングについては現役時代から自分の特長だと認識し、相当突き詰めて考えてこられたのだと感じられます。その後の「CBとしての守備・攻撃」に関してはヘディングほどの情熱を感じられなかったのはご愛嬌。パワー系CBを目指すなら一読すべき。2014/03/22

tada shohei

1
★5 ヘディングで家を2件建てた人による、ヘディングの専門書です。自分はヘディング下手なんで、こんだけ熱く語られるとグッとくるものがあります。CBに関して?たぶん、おまけです、ヘディングに比べたら。2013/08/26

duemat

1
ヘディングで飯を食った人の一冊。フットボール本なのに一章目からヘディング。熱い。最後尾からヘディングで相手のDF裏に出せば最高のスルーパスという考えも凄まじい。強面から想像させる根性論ではなく知性あふれる技術、戦術論。ヘディングするのはデコでなく眉間とはじめて知って妙に納得。2012/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5288789

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。