すぐわかるマンダラの仏たち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784808707743
  • NDC分類 186.8

内容説明

マンダラに描かれたほとけたちを、その起源・形・信仰を中心に紹介。マンダラの基本的な見かたがこの一冊でよくわかる。マンダラの全体的な構成と見かたをわかりやすく図解。大日如来や金剛界マンダラを構成する諸尊の姿と役割を解説。密教でとくに重要な位置を占める「力」のほとけ、明王のさまざまな側面を分析。

目次

序章 図解・誰にでもわかるマンダラの見かた
第1章 マンダラのほとけたち(大日如来;五仏;金剛薩〓(た)
金剛界三十二尊)
第2章 密教のほとけ―明王たち(明王とは;不動明王;五大明王)

著者紹介

頼富本宏[ヨリトミモトヒロ]
1945年香川県生まれ。京都大学大学院文学研究科(仏教学)博士課程修了。文学博士。密教学専攻。現在、種智院大学学長。実相寺(神戸市)住職。インド・中国の密教遺跡調査十数回。1982年朝日学術奨励賞、1995年密教学芸賞を受賞

中村佳睦[ナカムラケイボク]
仏画あさば会主宰。日本工芸会正会員(諸工芸部 截金)。あさば仏教美術工房代表。主な制作活動に、金剛峯寺根本大塔柱絵御修復、香川県歴史博物館両界曼荼羅・五大尊像画制作、ホノルルアカデミー美術館にて仏画・截金の展示および制作実演、金剛峯寺大師教会弘法大師画像制作ほか