産地別 すぐわかる染め・織りの見わけ方

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784808707248
  • NDC分類 753
  • Cコード C0072

内容説明

本書では、日本各地の染めもの・織りものの特徴をわかりやすく整理して、見るとき、買うとき、そして着るときにも役立つ内容にした。まず、素材・技法・歴史・デザインなど、各産地で異なるオリジナルの良さを、まずはじめに示した。どんな染織かが文章を読む前にもわかるよう、重要な特徴をひと言でまとめたコメントを図版につけた。独特な技術や種類のバリエーションなど、知っているとためになるけれど少し専門的な知識は、すっきりチャートにまとめた。歴史の裏話・技術の成り立ちなど、見逃せないエピソードはコラムで気軽に楽しむことができる。問い合わせ先、博物館など見られるところのデータを、欲しいとき、知りたいとき、すぐ使えるようにわかりやすくまとめた。

目次

アットゥシ織(北海道)
優佳良織(北海道)
津軽こぎん刺し(青森)
南部裂織(青森)
南部絞(岩手)
精好仙台平(宮城)
秋田八丈(秋田)
紅花染(山形)
置賜紬(山形)
白鷹御召(山形)〔ほか〕

著者等紹介

丸山伸彦[マルヤマノブヒコ]
国立歴史民俗博物館情報資料研究部助教授を経て、現在、金沢美術工芸大学芸術学専攻助教授。1957年東京生まれ
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。