Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」

個数:

Humanitude(ユマニチュード)「老いと介護の画期的な書」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月22日 10時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 438p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784807264094
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0036

目次

第1章 人間―ユマニチュード
第2章 人間関係のなかの人間―初めての事態
第3章 老人
第4章 同じ人間でも似て非なる世界
第5章 介護者
第6章 ユマニチュードの哲学
第7章 介護

著者等紹介

ジネスト,イヴ[ジネスト,イヴ] [Gineste,Yves]
ジネスト‐マレスコッティ研究所長。トゥールーズ大学卒業

マレスコッティ,ロゼット[マレスコッティ,ロゼット] [Marescotti,Rosette]
ジネスト‐マレスコッティ研究所副所長/SASユマニチュード代表。リモージュ大学卒業

本田美和子[ホンダミワコ]
国立病院機構東京医療センター。総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長。1993年筑波大学医学専門学群卒業。内科医。国立東京第二病院にて初期研修後、亀田総合病院等を経て米国トマス・ジェファソン大学内科、コーネル大学老年医学科でトレーニングを受ける。その後、国立国際医療研究センター・エイズ治療研究センターを経て2011年より現職

辻谷真一郎[ツジタニシンイチロウ]
1953年生。翻訳講座トライアリスト主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

25
‘07年初出。ユマニチュードは仏領マルティニーク島のエメ・フェルナン・ダヴィッド・セゼールが1940年代提唱した植民地黒人が黒人らしさを取り戻そうと開始したネグリチュードに起源(4頁)。ケアする人は何か、人とは何かという問いを投げかけるものになっている(5頁)。健康とは身体的、精神的、社会的に問題なく満足感の得られる状態(WHO11頁)。介護にあたって社会の課題のひとつは、法律、社会、保健分野で、法律や社会基盤を成す法典に規定された価値に準じた介護や援助を作り上げること(94頁)。老いは試練(164頁)。2015/02/08

紫羊

20
自分の施設やユニット、事業所でユマニチュードを導入しようとするのなら、「ユマニチュード入門」だけでなく、この本を読んでおくべきだと思った。なぜユマニチュードのメソッドが有効なのか、礎となる哲学が詰まった一冊。2014/12/04

GASHOW

5
友人が介護業界にいるので、手に取ったがこの本は素晴らしい。人間の探求から物事をみている。わかったつもりで表層的な理解をする日本人にはなかなかできない。老人の能力の低下は病気ではない。介護の際の人権などいろいろなことを感じた。2018/03/16

ai

1
人が人として扱われなくなる。いとも簡単に。 そこから、人を取り戻す。 どうやって。それが書かれている。2021/08/25

かんな

0
重要性(  ̄- ̄)2018/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8324333
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。