港を回れば日本が見える―ヨットきらきら丸航海記 (改訂版)

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

港を回れば日本が見える―ヨットきらきら丸航海記 (改訂版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 22時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784807211319
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C2075

内容説明

沖縄から北海道まで、ひとりでヨット「きらきら丸」で航海し、日本列島の港々を丹念に訪ねた航海記。都合17ケ月、航海距離約13,500km(7,300海里)に及んだ旅で見えてきたものは―。高齢化が進む辺地の漁村、漁獲減に悲鳴をあげる漁業の問題、首を傾げたくなる行政の海への施策などを憂いながらも、航海を豊かに、そして暖かいものにしてくれたのは、日本の海岸の美しさであり、各地の港で慎ましく真っ正直に生きる海の人々との出会いであった。

目次

第1章 南の島旅―島伝いに沖縄へ九〇〇キロ
第2章 熊野と瀬戸内―歴史ある港はひと味違う
第3章 九州一周―豪雨つづく夏をゆく
第4章 北前の海―北前船の航路をたどる
第5章 最果ての短い夏―北海道には千変万化の海があった
第6章 伊豆の海へ―人情厚い三陸が遠ざかる

著者等紹介

岡敬三[オカケイゾウ]
1943年岡山県倉敷市生まれ、立教大学法学部卒、日本ペンクラブ会員。リタイア後、海の文化史研究の傍らヨット「きらきら丸」で日本列島を巡り探訪を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。