日本のアンモナイト―本でみるアンモナイト博物館

個数:

日本のアンモナイト―本でみるアンモナイト博物館

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2021年04月16日 00時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 156p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784806716174
  • NDC分類 457.84
  • Cコード C0044

内容説明

北海道を中心に日本全国で採集できるアンモナイト。50年以上にわたり化石採集を続けてきた著者が、その種類から、採集地、標本の作製方法まで、300点を超える写真とともにその真髄を語る。

目次

白亜紀後期とアンモナイト
アンモナイトの各部の名前
アンモナイトの内部構造
アンモナイトの生き残り?…トグロコウイカ
これってアンモナイト?似てるけど
アンモナイトの外形と断面
ノジュール
ケガをしたアンモナイト
渦巻きアンモナイトと自由巻きアンモナイト
化石の名前について
北海道のアンモナイト
北海道のその他の化石
各地のアンモナイト
採集から標本の作製まで
僕がアンモナイトを採集したところ
アンモナイト産地の紹介
全国の化石産地を訪ねて―日本一周自転車旅行
アンモナイトを展示している博物館や資料館
博物館活動とアマチュアの連携―多賀町立博物館の場合

著者等紹介

大八木和久[オオヤギカズヒサ]
1950年生まれ。自称は化石収集家ではなく、化石採集家である。化石歴は55年。古希を過ぎた今でも、化石採集に全国を飛び回っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。