錆と人間―ビール缶から戦艦まで

個数:

錆と人間―ビール缶から戦艦まで

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年04月25日 23時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 353p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784806715214
  • NDC分類 563.7

内容説明

「最大最凶のデストロイヤー」と言われる錆。金属を加工し利用することで文明を発達させてきた人類にとって、錆は大敵だ。防食技術と自由の女神、ステンレス鋼開発秘話、国防総省と錆との戦い、腐食防止の環境ホルモンのリスクをひたかくしにする缶産業の実態、極寒のアラスカを縦断する石油運搬パイプラインは、産出量の低下も相まって維持管理は重大な問題である。錆という自然の脅威に、めっきを施し、電流を流し、新たな技術と培った経験を武器に立ち向かう人類の戦いを描く。ウォール・ストリート・ジャーナルベストブック・オブ・ザ・イヤー受賞!

目次

蔓延する脅威―錆という敵
手のかかる貴婦人―自由の女神と錆
腐った鉄―錆と人間の歴史
錆びない鉄―ステンレス鋼の発明
缶詰の科学―錆と環境ホルモン
インディアナ・ジェーン―錆の美
国防総省の錆大使
亜鉛めっきの街
錆と戦う男たち
錆探知ロボット―パイプラインと錆
暮らしの中の防錆用品
防食工学の未来

著者紹介

ウォルドマン,ジョナサン[ウォルドマン,ジョナサン] [Waldman,Jonathan]
アメリカ、ワシントンD.C.で育つ。ダートマス大学とボストン大学のナイト・センター・フォー・サイエンス・ジャーナリズムで書くことを学び、また近年は、コロラド大学でテッド・スクリップス奨学金を得て環境ジャーナリズムを学んだ。環境・科学ジャーナリストとして、ワシントン・ポスト紙や『アウトサイド』『マックスウィーニーズ』といった雑誌に寄稿しているほか、フォークリフト運転、樹木医、サマーキャンプの監督、ステッカー販売、コックなどの仕事を経験

三木直子[ミキナオコ]
東京生まれ。国際基督教大学教養学部語学科卒業。外資系広告代理店のテレビコマーシャル・プロデューサーを経て、1997年に独立。海外のアーティストと日本の企業を結ぶコーディネーターとして活躍するかたわら、テレビ番組の企画、クリエイターのためのワークショップやスピリチュアル・ワークショップなどを手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

錆という自然の脅威に、めっきを施し、電流を流し、新たな技術と培った経験を武器に立ち向かう人類の戦いを描く。ウォールストリート・ジャーナル、ベストブック・オブ・ザ・イヤー受賞!
ロサンゼルス・タイムズ、最優秀図書賞最終候補作!

「最大最凶のデストロイヤー」と言われる錆(さび)。金属を加工し利用することで文明を発達させてきた人類にとって、錆は大敵だ。
防食技術と自由の女神、ステンレス鋼開発秘話、国防総省と錆との戦い、腐食防止の環境ホルモンのリスクをひたかくしにする缶産業の実態、極寒のアラスカを縦断する石油運搬パイプラインは、産出量の低下も相まって維持管理は重大な問題である。
錆という自然の脅威に、めっきを施し、電流を流し、新たな技術と培った経験を武器に立ち向かう人類の戦いを描く。


古いオンボロ船

序章  蔓延する脅威──錆という敵

第1章 手のかかる貴婦人──自由の女神と錆 
侵入者
錆びた女神 
修復基金の設立 
100年目の化粧直し 
修復を巡る思惑 
国定腐食修復地

第2章 腐った鉄──錆と人間の歴史 
腐食の発見 
酸素と金属

第3章 錆びない鉄──ステンレス鋼の発明 
ハリー・ブレアリーという男 
貧しい生い立ち 
鋼鉄に恋して 
時代の変遷 
錆びない鉄鋼 
ステンレスのナイフ 
ベッセマー・ゴールドメダル 
理想主義者の最期

第4章 缶詰の科学──錆と環境ホルモン 
ネズミを溶かす飲料 
缶と腐食 
フレーバールーム 
ボール・コーポレーション 
缶詰誕生 
缶の進化 
缶の秘密 
カン・スクールとBPA
不確かな安全性 
死の薬

第5章 インディアナ・ジェーン──錆の美
錆のフォトグラファー 
雪の中の製鋼所 
写真家の好奇心 
溶鉱炉の死

第6章 国防総省の錆大使 
防食の帝王 
軍隊を襲う錆 
ダンマイアーの戦い 
スター・トレックと防食ビデオ 
「防食対策と監督」局 
錆大使の任命 
防食と塗料 
戦士の育成 
国防総省の変わり者 
優れた費用対効果

第7章 亜鉛めっきの街 
めっきと塗装 
亜鉛で覆う 
劣化しない橋

第8章 錆と戦う男たち 
防食技術者という仕事 
変わり者たち 
全国防食技術者協会

第9章 錆探知ロボット──パイプラインと錆 
《0キロ地点》
旅の始まり 
パイプラインと腐食 
《167キロ地点》
追跡 
ピグの誕生と発達 
ピグのミステリー 
《231キロ地点》
小休止 
完全性マネージャー 
《257キロ地点》
アラスカ州政府との攻防 
《725キロ地点》
漏洩事故が与える影響 
原油量の減少という危機 
《883キロ地点》
ピグとロウ 
《1287キロ地点》
到着前夜 
最果ての終着点

第10章 暮らしの中の防錆用品 
防錆剤専門店 
一般家庭の錆 
防錆詐欺 
商売の理由

第11章 防食工学の未来 
維持管理の重要性 
学問としての防食
錆と国家 

エピローグ 
訳者あとがき


ジョナサン・ウォルドマン[ジョナサン ウォルドマン]
ジョナサン・ウォルドマン(Jonathan Waldman)
アメリカ、ワシントンD.C.で育つ。ダートマス大学とボストン大学のナイト・センター・フォー・サイエンス・ジャーナリズムで書くことを学び、また近年は、コロラド大学でテッド・スクリップス奨学金を得て環境ジャーナリズムを学んだ。
環境・科学ジャーナリストとして、ワシントン・ポスト紙や『アウトサイド』『マックスウィーニーズ』といった雑誌に寄稿しているほか、フォークリフト運転、樹木医、サマーキャンプの監督、ステッカー販売、コックなどの仕事を経験。本書は処女作で、ウォールストリート・ジャーナルのベストブック・オブ・ザ・イヤーを受賞、またロサンゼルス・タイムズの最優秀図書賞最終候補作にも選定され、アメリカで大絶賛を受けた。ウェブサイトは jonnywaldman.com。

三木 直子[ミキ ナオコ]
三木直子(みき・なおこ)
東京生まれ。国際基督教大学教養学部語学科卒業。
外資系広告代理店のテレビコマーシャル・プロデューサーを経て、1997年に独立。海外のアーティストと日本の企業を結ぶコーディネーターとして活躍するかたわら、 テレビ番組の企画、 クリエイターのためのワークショップやスピリチュアル・ワークショップなどを手掛ける。
訳書に『[魂からの癒し]チャクラ・ヒーリング』(ナチュラル・スピリット)、『マリファナはなぜ非合法なのか?』『コケの自然誌』『ミクロの森』『斧・熊・ロッキー山脈』『犬と人の生物学』『ネコ学入門』『柑橘類と文明』『豆農家の大革命』(以上、築地書館)、『アクティブ・ホープ』(春秋社)、『ココナッツオイル健康法』(WAVE出版)、他多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件