豆農家の大革命 - アメリカ有機農業の奇跡

個数:

豆農家の大革命 - アメリカ有機農業の奇跡

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月16日 17時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 348p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784806715078
  • NDC分類 612.53
  • Cコード C0061

出版社内容情報

日本の農業改革と直結する、フードシステムを見つめなおすノンフィクション。

大規模単一栽培農業と決別した有機農家たちが選んだ道は――レンズ豆。
農薬・除草剤の利用や作付けで与えられる国の補助金に依存し、超保守的な風土の中で農業が行われるモンタナ州。大量の化学薬品に支えられた大規模農業は、土壌と農家を疲弊させていた。畑を生き返らせたのは、小さなレンズ豆だった。
化学薬品と国家に頼る工業型の現代農業に異を唱える農家が立ち上げた販売商社「タイムレス・シーズ」を中心に、土壌を癒し、自立した農家を守り、米国に食べ物の革命を起こしたユニークな農民たちの闘いを描く。
日本の農業改革と直結する、フードシステムを見つめなおすノンフィクション。

はじめに
プロローグ

?T 肥沃な大地

第1章 帰郷
第2章 穀物への抵抗
 茶色の黄金/有終の美/自分でやるしかない/緑肥

?U 変化の種──平原の新入り作物 

第3章 奇跡の植物 
 マメ科のカウボーイ/良心的な大工/生きるか死ぬかの一大事/栽培農家たち
第4章 しっかりと根を下ろして 
 ガラクタ置き場の哲学者/草の根のパワー/政治的なルーツ/法律、教育、協調
第5章 隠密調査と農民科学 
 自分の目で確かめる/試行錯誤の連続/マメ科アノニマス/ローン・レンジャーとドリトル先生/農家を食べさせているのは誰? 

?V タイムレス、大人になる 

第6章 食べられる種 
 レンズ豆の共同集積所/フェア・エクスチェンジ 
第7章 一三六トンのレンズ豆
 不承不承の起業/儲かる商品/在庫を抱えて
第8章 キャビア入りの飼料──ブラック・ベルーガの台頭 
 変わり種/レンズ豆、脚光を浴びる 

?W 革命の機は熟した──運動の本格化 

第9章 宗旨替え 
 土に食べさせる/農場が元気になった/体制を揺るがす/いつか来た道/モンタナ流ミルパ 第10章 セントラル・モンタナの有名人
 農場の更生/フォートベントンの風来坊/「クスリは完全にはやめられない」/数字が物を言う
第11章 博士号と小さな秘密
 片道四〇〇キロの通勤路/粉末の亜麻とエンドウの加工/リスクの共有/創造的な投資/「農業は禁じられたビジネス」/ルンペルシュティルツキン問題/レンズ豆探偵/カバークロップの対費用効果/自然任せのエコシステム/「農業は立派な職業」/銀行と哲学者/農民のための大学院
第12章 レンズ豆の福音 
 ブラック・ベルーガと聖書の物語/根圏に問題あり/「近所の人にも買える値段」
第13章 ミツバチと官僚制度──送粉者に関する講習会での政治的駆け引き 
 不耕起栽培の代償
第14章 雑草からホワイトハウスへ
 「声を上げなきゃいけない」/大きな白いコンバイン/「アメリカは文明国じゃない」/医療保険と農業/厄介の種/我々は環境の一部である/「政府とは張り合えない」 

?X 収穫 

第15章 正念場 
第16章 次の世代
 「ほとんど野生の土地」
第17章 過去、そして未来 
 生まれつきオーガニック/地球の豊かさのすべて/地球に優しい経歴/「一人じゃできない」/地元を超えて 

エピローグ
用語集
情報源について
参考文献
訳者あとがき

【著者紹介】
リズ・カーライル(Liz Carlisle)モンタナ州ミズーラ生まれ。米国有機農業研究の中心、カリフォルニア州立大学のバークレー校「多様性農業システムセンター」の研究員。地理学の博士号を同校で取得したほか、ハーヴァード大学の学士号も持つ。カントリーミュージックの歌手として全米を巡業し、またモンタナ州の有機農家でもあるアメリカ上院議員ジョン・テスターの立法補佐官を務めた経験がある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yyrn

5
長年の農薬の使用で農地は疲弊し収量も落ち、干ばつではひとたまりもない慣行農業に疑問を持ち、有機農業を志したモンタナの農家の人々の30年に及ぶ苦労の全てがここに書かれていると思う。慣行農業を続ける隣家との軋轢、不安定な出来高と卸先の確保の難しさ、干ばつで収穫ゼロになれば所得の補償もなく、医療保険に入れる農家はほとんどおらず、設備投資をしたくても有機農業には融資してくれない銀行など、様々な課題を一つ一つ解決しながら規模の拡大を図り、政治的発言力を持つようになるまでの取り組みはまるでドラマを見ているようだ。良書2017/04/13

takao

1
ふむ2020/03/28

けんちゃん

0
米国でも、このような運動があるのですね。やっぱり自然はえらい。2016/05/11

りんご

0
アメリカの農業について学びたくて読んだ本。大豆の国内生産量がものすごく少なくて、大半を輸入に頼る日本にとって、無関係な話ではないと思った。時間かかったけど、最後まで読めた。2019/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10124196
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。