排泄物と文明―フンコロガシから有機農業、香水の発明、パンデミックまで

個数:

排泄物と文明―フンコロガシから有機農業、香水の発明、パンデミックまで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年04月19日 03時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784806714767
  • NDC分類 481.78
  • Cコード C0045

出版社内容情報

昆虫の糞から、ヒト、ゾウのウンコまで、あらゆる排泄物を知り尽くした獣医・疫学者が、芳(かぐわ)しい文明史と自然誌を描く。

「うんち」と「科学」????語源は同じだと知っていましたか?
昆虫の糞から、ヒト、ゾウのウンコまで、あらゆる排泄物を知り尽くした獣医・疫学者である著者が、古代ローマの糞尿用下水道から、糞尿起源の伝染病、下肥と現代農業、大規模畜産とパンデミック、現代のトイレ事情まで、芳(かぐわ)しい文明史と自然誌を描く。

序章  フンコロガシと機上の美女

第一章 舌から落ちるもの

第二章 糞の成分表

第三章 糞の起源

第四章 動物にとって排泄物とは何か

第五章 病へ至る道――糞口経路

第六章 ヘラクレスとトイレあれこれ

第七章 もう一つの暗黒物質

第八章 排泄物のやっかいな複雑性とは何か

第九章 糞を知る――その先にあるもの

参考文献

訳者あとがき

【著者紹介】
デイビッド・ウォルトナー=テーブズ(David Waltner-Toews)グエルフ大学名誉教授。獣医師、疫学者、作家、詩人と多彩な顔を持ち、「国境なき獣医師団」創設者として、動物と人間の健康、コミュニティの持続可能な開発、貧困の解消に取り組んでいる。その著書はノンフィクション、小説、詩など多岐にわたる。

内容説明

「うんち」と「科学」―語源は同じ。昆虫の糞から、ヒト、ゾウのウンコまで、あらゆる排泄物を知り尽くした獣医・疫学者である著者が、古代ローマの糞尿用下水道から、糞尿起源の伝染病、下肥と現代農業、大規模畜産とパンデミック、現代のトイレ事情まで、芳しい文明史と自然誌を描く。

目次

序章 フンコロガシと機上の美女
第1章 舌から落ちるもの
第2章 糞の成分表
第3章 糞の起源
第4章 動物にとって排泄物とは何か
第5章 病へ至る道―糞口経路
第6章 ヘラクレスとトイレあれこれ
第7章 もう一つの暗黒物質
第8章 排泄物のやっかいな複雑性とは何か
第9章 糞を知る―その先にあるもの

著者等紹介

ウォルトナー=テーブズ,デイビッド[ウォルトナーテーブズ,デイビッド] [Waltner‐Toews,David]
カナダ・グエルフ大学名誉教授。「国境なき獣医師団」創設者であり会長を務める。また国際的に活躍する疫学者でもある。公衆衛生や疫学に関する著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

39
2013年初出。馬糞と牛糞の、ウンコと肥料の区別がつかない人は、原子力の話をしないほうがいい(17頁)。排泄物の語源はラテン語excernereでふるい分けることに由来(23頁)。2013年、地球人口70億人越えているため、年間4億トンの糞を輩出している(42頁)。本当に糞は排除すべきものなのか? 北米や欧州では、ウシの糞を乾かし、燃料として使う。レンガにする(93頁)。糞は役に立っているではないか。寄生虫と宿主と捕食者は、分解された排泄物が形を取り、ウンコからできている(133頁)。2015/10/27

姉勤

33
生きる限り付き合わざるを得ない”便”の話。当然人間だけでなく、地球上の全生物が出す。想像を絶する量のそれによって地球があふれ返らないのも、昆虫や微生物が分解し、有機物となり食物連鎖の供給源にているからに他ならない。しかし、家畜や農業、貿易などの人間活動によって、そのバランスが崩れれば、伝染病や土壌汚染、エネルギーの偏重となり、環境破壊の要因となる。いわば地球を生命に見立てるガイア理論での代謝異常だが、悪性腫たる人間の、叡智に期待して結びとしている。多少読みにくいが、知識の「肥やし」になるのは、太鼓判。2016/04/26

トムトム

30
なんだか読みづらい本でした。同じことを何度も言ったり話が進まなかったり。結局何が言いたかったのかしら。堆肥を作れということしか残らず。若いころは欧米人の書いた自然科学の本を読めたけれど、最近はレベルが低すぎて欧米の自然科学を受け入れられません。いや、このレベルから話をしないと欧米では受け入れられないのか。物質の循環の話をしたかった本なのだと思います。2022/02/02

磁石

26
自然環境におけるウンコは、他の動物・昆虫・植物その他もろもろにとって贈り物になる。だけど人間社会では、つながりのほとんどが絶たれてしまっているので、そのまま溜まりに溜まる。排泄物あるいは疫病の元凶となってしまっている。なので下水/ヘラクレスの発想、激流を注いで洗い流せばいい。ただ、自然界には上水も下水も存在しない、どこかでやっぱり溜まってる。……やはりNGSすべきなのだろうけど、けど……まだ踏み出せそうにない。2017/11/16

トムトム

24
日本の町中を牛や馬が歩いていた時代は、それらをエサにする糞虫がいたの。おそらく現代の都市部では絶滅しているけれど。その昔、オーストラリアに羊を持っていったら、その糞を分解する生物がいないから地表が糞に覆われ、雑草が生えなくなってしまった。今ならアウトだけれど、ヨーロッパの糞虫を導入して事なきを得たらしいが。キノコやカビの分解者。糞虫など。彼らも重要な存在だと再確認しました。2023/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8092564
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。