炭と菌根でよみがえる松

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 323p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784806713470
  • NDC分類 653.6
  • Cコード C0061

内容説明

全国の海岸林で、松が枯れ続けている。どうすれば、マツ枯れを止め、日本の原風景である白砂青松をとりもどせるのか。葉山の御用邸から、出雲大社まで、40年にわたって、炭と菌根菌のついた松苗でマツ林復活を手がけてきた著者による、各地での実践事例を紹介し、マツの診断法、保全、復活のノウハウを解説した。

目次

1章 ことの始まり、ショウロと炭
2章 湘南海岸―クロマツとキノコ
3章 九十九里浜―北上したマツ枯れ
4章 一ツ葉海岸―マツ林を守る大実験
5章 虹の松原―マツと人との共生
6章 鳥取砂丘と東海村―砂丘とクロマツ林
7章 丹後の函石浜―白砂青松再生の試み
8章 出雲大社―炭と菌根でよみがえるマツ
9章 気比の松原―気がかりな大気汚染
10章 天橋立―台風に倒れたマツ
11章 明沙十里―韓国のマツ林

著者等紹介

小川真[オガワマコト]
1937年10月30日京都府生まれ。京都大学農学部卒、同博士課程修了、農学博士。森林総合研究所土壌微生物研究室長、環境総合テクノス生物環境研究所所長を経て、大阪工業大学環境工学科客員教授。日本林学賞、ユフロ学術賞、日経地球環境技術賞、愛・地球賞(愛知万博)など、数々の賞を受賞。現在、「白砂青松再生の会」会長としてマツ林の再生・修復のボランティア活動に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。