先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学

個数:

先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!―鳥取環境大学の森の人間動物行動学

  • ウェブストアに33冊在庫がございます。(2017年09月26日 04時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784806713449
  • NDC分類 481.78
  • Cコード C0040

内容説明

自然に囲まれた小さな大学で起きる動物たちと人間をめぐる珍事件を人間動物行動学の視点で描く、ほのぼのどたばた騒動記。あなたの“脳のクセ”もわかります。本日も、鳥取環境大学は動物事件でにぎやかなり!

目次

「巨大コウモリが廊下を飛んでいます!」―人の“脳のクセ”とコウモリ事件
ヘビが逃げた!ハムスターも逃げた!―人工空間の中の生態系のお話
イモリを採取していてヤツメウナギを捕獲したTくん―自然が発する信号に無意識に反応する脳
大学林で母アナグマに襲われた?話―神話と伝承をつくり出す“脳のクセ”
無人島に一人ぼっちで暮らす野生の雌ジカ―私はツコとよび、Kくんはメリーとよんだ
ヒミズを食べたヘビが、体に穴をあけて死んでいたのはなぜか―因果関係を把握したいという欲求
化石に棲むアリ―机の上の生態系小宇宙にひかれるわけ
動物を“仲間”と感じる瞬間―擬人化という認知様式
カキの種をまくタヌキの話―植物を遺伝的劣化から救う動物たち
飛べないハト、ホバのこと―ドバトの流儀で人と心通わすハト
鳥取環境大学ヤギ部物語

著者紹介

小林朋道[コバヤシトモミチ]
1958年岡山県生まれ。岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。岡山県で高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学講師、2005年教授。専門は動物行動学、人間比較行動学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件