自閉症スペクトラム入門―脳・心理から教育・治療までの最新知識

個数:
  • ポイントキャンペーン

自閉症スペクトラム入門―脳・心理から教育・治療までの最新知識

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月13日 19時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 177p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784805835234
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C0037

内容説明

なぜ男性に多い?脳の構造が違う?様々な「仮説」はどこまで正しい?アスペルガー症候群・自閉症の“知りたいこと”を世界的権威が平易に語る。

目次

第1章 2人の自閉症スペクトラムの人との出会い
第2章 自閉症の有病率の変遷
第3章 自閉症スペクトラムの測定
第4章 診断について
第5章 自閉症とアスペルガー症候群の心理学
第6章 自閉症とアスペルガー症候群の生物学
第7章 介入、教育、治療

著者等紹介

バロン=コーエン,サイモン[バロンコーエン,サイモン][Baron‐Cohen,Simon]
ケンブリッジ大学発達精神病理学教授、同大学自閉症研究センター所長。自閉症に関する心理学研究の権威の一人で、これまでに「心の理論仮説」や「共感化―システム化仮説」などを提唱し、世界的に大きな影響を与えている

水野薫[ミズノカオル]
Space Zero PDD心理・教育研究所所長。ながやまメンタルクリニック、むさしの小児発達クリニック臨床心理士。東京学芸大学大学院教育学研究科修士課程修了、修士(教育学)。臨床心理士、特別支援教育士スーパーバイザー、K‐ABC初級・中級講師。東京都公立小学校教諭、東京都教育委員会指導主事、福島大学大学院教授を経て現職。研究分野、広汎性発達障害の認知、発達検査理論

鳥居深雪[トリイミユキ]
神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授。千葉大学大学院教育学研究科修士課程修了、修士(教育学)。千葉大学大学院医学薬学府博士課程後期修了、博士(医学)。学校心理士、特別支援教育士スーパーバイザー。千葉県公立小学校教諭、特別支援学校教諭、千葉県総合教育センター指導主事、植草学園大学准教授を経て現職。研究分野、発達障害臨床学、発達につまずきのある子どもの脳機能

岡田智[オカダサトシ]
共立女子大学家政学部児童学科専任講師。ながやまメンタルクリニック臨床心理士。東京学芸大学連合大学院博士課程修了、博士(教育学)。臨床心理士、特別支援教育士スーパーバイザー、学校心理士。東京都公立教育相談所相談員を経て現職。研究分野、発達障害の心理アセスメント、ソーシャルスキルトレーニング(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

がりがり君

5
研究者による自閉症スペクトラム入門。前評判から少し偏った主張を期待していたのだがその期待はいい意味で裏切られた。というのは学説を幅広く体系的に(かつ過激にならずに)紹介しているからだ(心理学的なモデルだけでなく神経学的なモデルも。そして著者は両者は将来的に統一されるべきと主張する)。今現在自閉症スペクトラムを理解するためのバイブルとなっている。他書で感じた歯がゆさというのはその意味でほとんどなかった。2018/06/11

Toshi53162606

4
自閉症スペクトラム障害の研究の権威である心理学者サイモン・バロン=コーエンの著書。 前回読んだ彼の著書から10年以上経過し、その間に連続体として捉えられ、診断基準がより幅広くなって生まれた自閉症スペクトラム障害に関して、様々な仮説やその検証、自閉症スペクトラム障害の人々への有力な治療方針や社会的支援のあり方など、広範囲に渡って述べられているにも関わらず、とてもわかりやすい。 間違いなく名著であり、当事者やその家族、支援者の方ならなおさら読んでおいて損はない。2022/04/01

yori

4
★★★★★ この薄さでこの内容は素晴らしい。満遍なく網羅していて視点に偏りを感じない。とても読みやすい。2013/01/22

アリョーシャ

3
「入門」の題にふさわしく、自閉症、アスペルガー症候群を取り巻く状況を幅広く知ることができる。研究の歴史から、測定や診断の方法、心理学のモデル、生物学的な研究、介入や教育の方法など、最新の研究成果についても紹介されている。とりわけ、共感化-システム化仮説には説得力があった。補遺には、自閉症スペクトラム指数(AQ)日本語版が掲載されていて、スクリーニングを行うことができる。2016/12/25

Haru

2
著者の立場が明確で歯切れがよく、自閉症スペクトラムのざっとした体系的な理解ができたように思います。人間の認知機能を、共感化とシステム化の2軸で捉える見方が、おもしろく感じました。2017/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4077324
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。